グルテンフリーのケーキがおすすめ!レシピとおすすめ商品を紹介

忙しい日常の中で、ホッと一息つける時間はとても大切なもの。ストレス解消や疲れた身体を癒すことは明日の活力にも繋がります。そんなティータイムにあると嬉しいのがスイーツ。スイーツといっても様々なものがありますが、ケーキの場合はバリエーションも豊富で女性の間では、美味しいお店を探索する人もいる程です。しかし、ケーキは小麦粉を使用するのが一般的ですので、小麦や大麦、ライ麦などにアレルギーのある方にとっては食べることが難しい食品のひとつとなります。そこで今回は、グルテンアレルギーのある方でも楽しめるグルテンフリーケーキを紹介します。

グルテンフリーのケーキの特徴


パンやケーキなどを作る際には、一般的にグルテンと呼ばれるたんぱく質を使用しますが、水と合わさることによって独特のもちもち感を作り出すために使われています。しかし、グルテンは小麦や大麦、ライ麦などに含まれているたんぱく質の一種ですので、人によってはアレルギーを起こす可能性があります。パンやケーキの他、うどんやラーメン、麺類などに使用されていますので、グルテンアレルギーのある方は気をつけなければならない物質です。とはいえ、最近ではグルテンアレルギーを持っている方でも食べられる、グルテンフリーのケーキなどが出回っていて、アレルギーを心配せずにスイーツを楽しめるようになっています。グルテンフリーのケーキはどんな特徴があるのか紹介します。

小麦不使用でも食べられるケーキ

グルテンフリーとは、文字通りグルテンを使用していないということ。グルテンを摂取できない方にとっては有益で、小麦アレルギーを心配せずに食べられる食品を指します。その中でも、グルテンフリーのケーキは小麦を使用していないのが特徴で、米粉を使用して作られているものが一般的です。ケーキだけでなく米粉を使用したパンも多く見られるようになり、精製された白米を使用しているものに加えて、玄米を使用した玄米ケーキやパンはヘルシーであることから女性の間で注目されています。

食べられないストレスを軽減

食物アレルギーのある方にとっては、アレルギーの原因となる食品を食べることができなくなりますので、そのことによって大きなストレスを抱えることも少なくありません。アレルギーを起こしやすい食品としては、小麦に加え牛乳や卵などが挙げられますが、これらの食品は、栄養価が高いものですので子供の場合は心身の発達への影響も心配されます。また、小麦や牛乳、卵などはケーキなどを作る際に不可欠とも言える食品ですので、アレルギーのある場合でも食べられることは、食べられないことによるストレスの軽減に繋がります。

グルテンフリーのケーキを自分で作ろう


ケーキをはじめグルテンフリーで作るお菓子は、一般的に米粉を使用して作られています。普通の米粉の他に玄米粉を使用して作ると、お米の風味が増して美味しくなります。最近では、残りご飯や玄米そのものをミルしてパンを作ることができるホームベーカリなども販売されていますので忙しい方にはおすすめです。また、グルテンフリーのミックス粉なども市販されていますので、手軽にグルテンフリーケーキにチャンレジできるようになっています。グルテンフリーのケーキを自宅で作ってみたいという方のためにレシピを紹介します。

★グルテンフリーショコラケーキ
材料(直径10cm1台分)
アーモンドプードル      50g
無塩バター          50g
上新粉            20g
ココアパウダー        30g
砂糖             30g
全卵             20g
ベーキングパウダー      小さじ2/3

1.バターを柔らかくしてアーモンドパウダー、上新粉、ココアパウダー、ペーキングパウダー、砂糖を混ぜる。
2.全部が混ざったら最後に全卵を混ぜる。
3.用意したケーキ型に生地を流し入れて25~30分オーブンで焼く。

オーブンによって焼き時間が異なりますので、様子を見ながら焼きましょう。

★グルテンフリーチーズケーキ
材料(直径15㎝1台分)
無糖ヨーグルト         400g
フィラデルフィアクリームチーズ 4個
全卵              2個
三温糖             40g
バター             20g
米粉              20g
牛乳              大さじ2
レモン果汁           少々

1.ヨーグルトを水切りしておく(しっかりとしておくことがコツ)
2.バター、クリームチーズを室温に戻しておく
3.オーブンを170度に予熱しておく
4.三温糖と全卵をよく混ぜ、混ざったら他の材料を全部入れて混ぜ合わせる
5.型に入れて様子を見ながら40分程焼く
6.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす

どちらも材料を用意して混ぜるだけと簡単です。

お取り寄せ出来るグルテンフリーケーキ

グルテンフリーケーキは、グルテンにアレルギーがある方だけでなく、近頃ではダイエット法としても静かに注目されているのがグルテンフリースイーツ。お取り寄せができものも多くなっていて、ケーキそのものは勿論のことレンジで簡単にグルテンフリーケーキができる材料などもたくさん販売されていますので、幾つか紹介しみます。

1.奈良祥樂 米粉ロールケーキ

こちらは、奈良県産の「ひのひかり」という品種の米粉を使用して作られている拘りのロールケーキ。濃厚な北海道産の生クリームなのに甘さを控えたさっぱり感が特徴です。後味もスッキリしていて、どんどん口に入ってしまうようなふわふわでモッチリしたロールケーキで、プレーンと大和茶、イチゴを使用した白いロールケーキと3種類が用意されていますので、お好みでチョイスすることが可能です。

2.ローケーキローガトーショコラ

乳製品や白砂糖、小麦粉や卵などのアレルギーを起こしやすい食材や保存料などを一切使用せずに作られているのが特徴のガトーショコラ。焼いていないのに不思議としっとり感があってフワッとしているクオリティの高いケーキです。また、使用している原料にも拘りがあり、エクアドル産の香り高い上質のローカカオと最高級のスペイン産のアーモンドなどを使用していますので贅沢感も満載。また、無農薬栽培の原料をできる限り使用して作られていますので、身体に優しいヘルシーさも魅力のスイーツです。グルテンフリーのヘルシースイーツですので、クリスマスや誕生日のプレゼントにもおすすめです。

3.ローケーキミックスベリーケーキ

添加物を一切使用せずに作られたミックスベリーケーキ。チョコレートビスケット風味のタルト部分をベースに、ローケーキの中身には新鮮で上質なカシューナッツを使い、ローカカオとブルーベリー、ラズベリーなどのミックスベリーがふんだんに使用されていますので、さっぱりとした風味が特徴です。また、スーパーフードとして注目度がアップしている、マキベリーパウダーも使用していますので贅沢感も味わえるのも魅力。爽やかな味わいのグルテンフリーケーキです。

4.和楽堂のロールケーキ

こちらのグルテンフリーケーキは、九州直送で届く拘りのロールケーキ。米粉専門店が地元の新鮮な原料に拘って作っているロールケーキで、クリームに使用している原料も選び抜かれているのが特徴です。米粉を使用している場合、ふわふわ感がイマイチということも少なくありませんが、このロールケーキのふわふわ感はクセになるかもしれません。プレーン、チョコ、黒糖、抹茶、塩と5種類用意されていて、クリームは和三盆を使用していますのでまろやかさも抜群です。プレゼントにも最適ですので、是非お試し下さい。

まとめ

ケーキやパン、麺類などグルテンが使用されているものは、アレルギーがある場合には食べたくても我慢しなければならないという場面も多く、ストレスが溜まりがちになります。しかし、最近ではグルテンフリーのスイーツがたくさん登場し、食べられるものも増えてきていますので楽しんでみるのがおすすめです。自宅でもできる材料や簡単なレシピも多数紹介されていますので、上手に利用して美味しいケーキを作ってみましょう。