オーガニック野菜の魅力。どこで食べられるの?

オーガニック野菜や有機野菜は一般のスーパー見かけることはあまりないと思いますが、体によさそうな感じのこの野菜はいったいどこで販売していて、またどのような場所で食べることができるのでしょう。オーガニック野菜の特徴とその魅力を探りながら、どのような栽培方法で作られているのかを紹介します。

オーガニックと有機野菜の位置づけ


スーパーや八百屋などで野菜を買うとき、オーガニック野菜や有機栽培などの言葉を目にしたことがあると思います。どちらの言葉も漠然と体によいイメージがありますが、その言葉が持つ本当の意味はどのようなものなのでしょうか。

オーガニックと有機は同じ意味である

オーガニックの意味を和英辞典で引くと、有機の、とあるので基本的には同じ意味なのですが、具体的には農薬や化学肥料を使わずに栽培された農作物や畜産物、またそれらを使って加工されたものをいいます。

有機栽培の耕作面積が広がると、農場やその周辺で暮らす生物が暮らしやすくなり、また自然循環が促され環境保全が可能になります。

ただし農薬や化学肥料を使わなければオーガニックを名乗れるのかと言うとそうではなく、以前は有機野菜やオーガニック野菜など、生産者が独自につけていた時期もありましたが、現在は農林水産省が制定した有機JAS法に則った有機JAS規格に適合し、厳格な審査のもと有機JASマークがついていなければ、オーガニックを標榜することはできません。

農薬や化学肥料を使わない畑で収穫する

有機栽培をする際にはいくつか気を付けなければいけないことがあり、また作物によっても若干違いがあります。果樹などの多年作物は3年以上、トマトやホウレン草などの単年作物やキノコなどは2年以上、種まきや植え付けの前に禁止されている農薬や化学肥料を使うことはできません。

もちろん栽培中にも農薬や化学肥料は使用できず、特に難しいのは周辺の畑等から禁止されている農薬や化学肥料が飛散してこないように管理することで、この管理がきちんとされていないと有機栽培とは言えなくなってしまうのです。

認定している農薬は使用してもよい


有機農作物の定義は、化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避けるとあるので、オーガニック=無農薬と思われがちですが、有機認定される栽培方法の中で農薬の使用自体は認められています。同じ働きをする農薬でも天然原料によるものは使用してもよく、化学合成されたものは使用できないということになります。

微生物を有効成分とする殺菌剤など有機表示のできる農薬が指定されていて、有機栽培は農薬の成分も全てが有機というわけではなく、天然原料であれば無機物の農薬も使用が可能なのです。

有機栽培と有機野菜について

有機栽培を用いて作られた野菜を有機野菜と呼びますが、栽培方法はどのようなものなのでしょうか。

有機栽培とは農林水産省が定めている

有機栽培については農林水産省が平成18年に、化学的に合成された肥料や農薬を使用しないこと、並びに遺伝子組み換え技術を使用しないことを基本に、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した生産方法を行うと、有機農法の推進に関する法律において定められました。

日本では1961年に農業基本法が定められ、農地の単位面積当たりの収穫量を増やすために、化学肥料や化学合成農薬の使用を大きく推進してきました。しかし当時農協役員の一楽照雄という人物が、経済合理主義によって推進されてきた近代農業に疑問を持ち、農薬や化学肥料の毒性の問題に自然破壊等の危機を感じていたといいます。

そこで1990年代から有機農業の研究が始まり、有機肥料による生産物への効果や化学肥料及び農薬に浸食された土壌の改善などが行われてきました。そして2006年に有機農業の推進に関する法律が制定され、これに基づき有機農業の推進に関する基本方針が公表されることによって、有機農業が法律で推進されたのです。

有機栽培と無農薬栽培は違うもの

有機栽培とは、農林水産省で定めた有機JAS法という基準を満たしていれば有機野菜として表示し販売できます。
有機JAS法には、化学肥料や化学農薬および化学土壌改良材を使用しないで栽培された農産物、および必要最小限の使用が認められる化学資材を使用する栽培により生産された農産物で、化学資材の使用を中止してから3年以上を経過し、堆肥等による土づくりを行なった圃場で収穫されたものとあります。

一方有機栽培と同じような意味に捉えられがちな無農薬栽培は、有機JAS法で使用を認められている農薬も一切使わずに栽培された農産物で、化学肥料も使っていないことがほとんどですが、厳密に有機JAS法に則って作られた農産物ではないので、有機野菜として販売はできません。

無農薬で無肥料のものは自然栽培という

化学的なものや自然由来のものにかかわらず、すべての農薬や肥料を使わずに栽培することを自然栽培といい、肥料や農薬に頼らず植物と土壌が本来持っている力を引き出して行う栽培方法です。

土の本来持つ力を発揮させるために土に余計なものを入れないことを基本とし、過去に土壌に入れた余計なものを積極的に抜き出します。さらに植物の根張りを増進させるために土を軟らかく温かくし、水持ち・水はけがよい状態になるように努める必要があります。

そして、土と同じく作物も本来植物が持つ生命力を最大限に発揮できるように、種子に残っている余分なものを取り除くために自家採種をして、混じりっ気なしの種子を作っていくことが大切です。

オーガニック野菜が食べられる機会

オーガニック野菜と聞くと、何となく体によいものではないかと思い食べてみたくなりますが、一般のスーパー等ではあまり見かけないものです。ではオーガニック野菜を食べるにはどうすればよいのでしょうか。

有機野菜はあまり栽培されていない

レストランやカフェなどで、有機野菜使用やオーガニック野菜使用などの看板を目にしますが、日本ではどのくらいの規模で栽培されているのでしょうか。実は国内の耕地面積において有機JAS認定がなされている圃場は全体のわずか0.22%しかなく、ここ数年はこの数値に変化はありません。

有機農業先進国と言われるイタリアでは8.6%、ドイツでは6.1%、イギリスでは4.0%と軒並み日本より耕作面積の割合が高く、有機野菜を盛んに栽培しています。日本で有機農法の耕作面積が増えない理由は、有機野菜として販売するには有機JAS認定を取得しなければならないのですが、これには生産者に多くのコストや手間がかかるためです。

認証機関に提出する栽培日誌や、毎年更新しなければならない認証の審査費用、有機JASマークシールやパッケージ代もすべて生産者の負担になるほか、農薬の使用も制限されているため、大きな病虫害などの被害に見舞われると一気に収穫量が激減してしまうリスクも常にあります。

そのため実際には有機農法と同等かそれ以上の栽培をしているにもかかわらず、あえて有機JAS認証を受けなかったり、一度取得しても更新をしない生産者も多くいます。以上の理由から、日本では有機JAS認定を受ける圃場が伸び悩んでいるのです。

オーガニック野菜を使用するお店に行く


オーガニックで栽培された農産物を使用しているレストランやカフェなどは意外に多く、雑誌等で紹介されていることもあります。その店の多くは有機栽培をしている農家に自ら赴き、自分が納得したものだけを厳選して使用するなど、こだわりを持ってお客様に提供しています。

普段見たことのないような色とりどりの野菜が多いので視覚でも十分楽しむことができ、さらにしっかりとした野菜本来の味を堪能することができます。

スーパーでオーガニック食品を買う

オーガニック食品は一般のスーパー等ではあまり販売していませんが、オーガニックスーパーや自然食品店と謳っている店舗があり、そこではオーガニックを専門に扱っているので、きっと欲しい商品が見つかるでしょう。

オーガニック野菜の宅配サービスの特色

近所にオーガニックスーパーや自然食品店がないのでオーガニック野菜が食べられないという方も、宅配サービスを使って購入することができます。ではその宅配サービスにはどのような特色があるのでしょうか。

欲しい時に気軽に取り寄せられる


宅配サービスの一番の利点は、欲しいと思ったときに簡単に注文できること、さらに使いたいシーンによってお店で選んでくれる場合もあるので、悩む必要がないのも嬉しいです。注文は主に電話やWebを使ってするところや、FAXサービスを行っているところもあるので、自分に合った方法で注文できます。

宅配サービスは生産者から直接買えるところが多く、本来の野菜が通る卸売市場を通さないのでその分安く購入できます。また宅配サービスの多くはホームページを開設しており、ホームページを見ると生産者の顔を見ることができ、その野菜が生産される過程を丁寧に説明しているので、安心して野菜を選ぶことができます。さらに月額の定額料金を支払えば、毎月そのときの旬の取れたて野菜を送ってくれるところもあり、毎月どんなものが届くのか待つのも楽しみの一つです。

お試しセットが安価で買える

市場を通らないとはいってもやはり一般の野菜よりは高いので、値段を見て躊躇してしまう方もいると思いますが、そのような方におすすめなのがお試しセットです。お試しセットなので量も多くなく、価格も初めて利用する方には抑えた設定になっているので、不安がある方も安心して購入することができます。

普通に栽培された野菜より高価な傾向がある

オーガニック野菜は栽培にとても手間がかかる作物であり、大量生産が難しく栽培規模も大きくないため、消費者の手に届くまでには値段が高くなってしまいます。しかしオーガニック野菜と一般の野菜にははっきりとした違いがあり、オーガニック野菜において有毒金属の残留量のレベルは著しく低く、老化を防止する抗酸化物質のレベルは非常に高いのです。体のことを考えれば、一般の野菜より高いことも納得できるのではないでしょうか。

まとめ

オーガニック野菜は野菜本来の味を感じてほしいと願う生産者の強い想いで作られています。栽培方法やその背景を知ると、安全性や健康への影響、価格設定についても納得ができますね。ぜひオーガニック野菜を取り入れ、安心で健康な毎日を過ごしていきましょう。