オーガニックフードの特徴とは?おすすめする理由

近年の健康志向の高まりにより注目されているオーガニックフード。テレビや雑誌などのメディアでも取り上げられることが多いので、それほどオーガニックに興味はなくても一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。オーガニックフードは、食べたことがないという方に一度は試してほしいと言える、とてもおすすめの食品なのです。カラダに良さそうというイメージはあっても、実際にはどのようなものなのかわからないという方も少なくないでしょう。そこで今回は、オーガニックフードの特徴とおすすめする理由をご紹介します。

オーガニックフードの特徴


有機物全体を意味するオーガニックは、地球の自然の恵みである水や土、そして水や土に生きる生物と太陽などを活かした加工方法や農林水産業のこと言います。オーガニックフードは、有機農産物や有機畜産物、または有機農産物・畜産物を原料とする食料品のことです。よく耳にするオーガニックという言葉ですが、実は「オーガニック」と食品に表示するためには法律があり、生産・販売者が独断で勝手に表示することはできません。オーガニックと表示されている食品は、法律のきちんとしたルールに基づいた特徴があるのです。

無農薬・化学肥料不使用で栽培されたもの

有機農産物や有機畜産物は、自然の恵みを活かした産物が大前提ですので、農薬や化学肥料、抗生物質、ホルモン類は与えられずに、有機肥料や有機飼料で育てたものに限ります。人工の化学合成農薬、菌や害虫などを防ぐための薬物、成長を促すための薬物などは使わずに栽培・生産されたものです。無農薬とは言いましたが、厳密に言えば有機栽培で使うことが認められている農薬もごくわずかですがあります。厳しいルールの中で認められているものなので、きちんとオーガニックと表示されているのであれば安心ですよ。

有機JAS認定あるもの


日本では、農林水産大臣に登録した第三者機関により、有機農産物の生産方法基準を満たしたものは有機JAS認定されます。認定には厳しい条件がたくさんあり、厳格な審査をクリアしたものだけが有機JAS認定を受け、有機JASマークを貼ることができるのです。この有機JASマークがなければ、食品に「オーガニック」や「有機」という表示はできないと法律で定められています。使用することが認められていな農薬や化学肥料については、食品に使っていないかだけではなく、種まきや植え付けをする田畑に何年間使用していないかまで審査されるそうです。

遺伝子組み換え由来の種を使用していない

交配可能で優良な品種同士をかけあわせ、時間をかけてより良い品種をつくり出す品種改良。人工的ではありますが、交配可能な品種同士なので無理がないと言われています。一方で遺伝子組み換えは、自然では起こらないようなことを無理やり人工的につくり出すものです。一時期、ニュースなどで話題になった遺伝子組み換え作物。遺伝子組み換えと聞くと、なんだか難しい大変なことをしているような気がしてしまいますよね。遺伝子には生物の設計図のように情報が詰まっているので、人工的に遺伝子操作をすることで情報を組み換えることができるのです。どうしてそのようなことをするのでしょうか。それは、人間にとってとても都合が良いからです。遺伝子組み換え作物は、雑草や害虫に強くなるように組み換えられるので、除草剤や殺虫剤などを使用しなくて済みます。また、栄養価を高めたりアレルギーの原因物質を取り除いたりすることもできるのです。メリットが多いように感じるかもしれませんが、安全性が確保されているとは言い切れず、食べ続けることで人間にどのような影響を与えるかはまだきちんと明らかにはされていません。自然なことではなく、安全性が不確かである以上、オーガニックフードとは言えないですね。

オーガニックフードをおすすめする理由

オーガニックフードの特徴を知っただけでも、オーガニックに関心を持った方もいるのではないでしょうか。魅力的な特徴がありましたが、オーガニックフードの魅力は安心・安全だということだけではありません。オーガニックフードをおすすめする理由について、もう少し詳しくご紹介しましょう。

ケミカルフリーでカラダに安心

オーガニックフードのケミカルフリーとは、化学物質(ケミカル)が含まれていないということです。化学物質や食品添加物、遺伝子組み換え作物などが含まれている食品は、長期間食べ続けることでカラダの色々な症状に関係していると言われています。例えば、ガン、湿疹、アレルギー、片頭痛など、他にも多くの症状に関係があるかもしれないそうです。カラダに与える影響が不確かであるものは、なるべくなら摂取を避けたいものですよね。有機JAS認定のオーガニックフードなら、特徴でも述べたようにケミカルフリーのものだけなので、摂取してもカラダに安心と言えます。化学物質などが含まれている食品を長期間摂取することで、遺伝子や受精能力、神経、出産などにも影響を及ぼすと考えられているようです。乳幼児や子供は食品からの影響を受けやすく、大人よりも重大な影響を受ける可能性があるので、意識してオーガニックフードを選ぶ母親が増えてきています。

味や栄養素に優れている

安心・安全が注目されるオーガニックフードですが、栄養素をしっかりと含んでいると言われています。自然の恵みをしっかりと吸収してたくわえているので、より多くの成分や栄養素を含んでいるそうです。オーガニックフードではない食品と比較した研究結果などにより、少しずつ詳細が明らかにされています。食品本来の味や甘味、香りなどが感じられるため、オーガニックフードのほうがおいしいという意見も多いようです。味覚などの感覚は個人によりますが、嫌いだったものが食べられるようになったという話もあるそうですよ。

農地の生態系維持に良い影響を与える

同じ農地でずっと同じものを栽培していると、土壌に含まれる天然のミネラルや栄養素が少なくなり、土壌がやせてしまうと言われています。少なくなったものを補うために、化学肥料を大量に使用して、さらに化学合成農薬を使用する。結果的に、農地に使用された化学肥料や化学合成農薬は土壌を侵食し、土や虫だけではなく、川、海、魚、その他の生き物などに悪い影響を与えてしまうのです。その点で有機農産の方法は、同じ農地で作物をサイクルで作る輪作などを行い、土壌をやせさせないように健康的にしています。自然の恵みを活かし、化学合成農薬や化学肥料を使用しないので、土や水や生物などに悪い影響を与えず、農地の生態系の維持や環境などに良い影響を与えるのです。

オーガニック食品で人気の通販サイト

人気の通販サイトでおすすめのオーガニック食品をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

ティーライフ オーガニックルイボスティー101個入り

健康維持や美容にうれしい成分をたっぷり含む、ノンカロリーでノンカフェインのお茶です。オーガニックルイボスティー101個入りを実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■体にいいことづくし
■寝る前にも飲める
■妊婦でも子供でも安心して飲める
■冷たくしても温めてもおいしい
■クセがない
など
<ネガティブ意見>
■自分には合わない
■薬みたいな味
など

アチェートゥム アチェート・オーガニックバルサミコ酢250ml

バルサミコ酢の本場を代表する老舗メーカー。肉、魚、サラダ、スイーツと、幅広く使えます。アチェート・オーガニックバルサミコ酢250mlを実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■安心でおいしい
■さわやかな酸味、マイルドな味、深いコク
■香りも味も本格的
など
<ネガティブ意見>
■酸味が強い
■難しい
など

エイミーズ ベジバーガー

レンジで温めるだけで食べられる冷凍食品。忙しくても手軽にオーガニック食品が食べられる、野菜と穀物でできたバーガーです。ベジバーガーを実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■長年リピート
■しっかりバンズで素材は絶妙な歯ごたえ
■焼くともっとおいしい
■長期保存可能
■食べごたえあり
など
<ネガティブ意見>
■もそもそ
など

まとめ

いかがでしたか?オーガニックフードは、安心・安全でおいしいということがわかりましたね。健康にも環境にも良い影響があり、未来の自分と地球に優しいオーガニックフードを、毎日の食事にとり入れてみましょう。