オーガニックコーヒーが今とっても人気!おすすめのコーヒー豆は?

近年、メディアや街中などでよく見かけるようになった「オーガニック」という言葉。最近ではオーガニックのコーヒーも販売されていて、オーガニックライフを心がけている方などの間でとても人気となっています。オーガニックという言葉から体に良さそうな印象を受けますが、実際には普通のコーヒーとどのような違いがあるのでしょうか。そこで今回は、オーガニックコーヒーの詳細やおすすめのオーガニックコーヒー豆などをご紹介します。

オーガニックコーヒーが選ばれる理由


オーガニックコーヒーが選ばれている理由は、一言で言えば「オーガニック」だから。日本でオーガニックや有機と表示するためには、農林水産省の定める有機JAS認定を受ける必要があります。とても厳しい審査があり、すべてをクリアしたものだけが認定され、有機JASマークを貼ることができるのです。コーヒー豆の場合は、販売にいたるまでの数々の業者も認定を受ける必要があるので、有機JASマークが貼られているコーヒー豆は厳しい審査をくぐり抜けてきたということがわかりますね。有機JASマークが貼られているオーガニックコーヒーには特徴があり、その特徴こそオーガニックコーヒーが選ばれている理由と言えるでしょう。

無農薬・化学肥料不使用なので安心して飲める

オーガニックとは有機栽培であることを意味していて、有機栽培とは土や水、太陽などの自然の恵みを活かした栽培方法です。化学合成農薬や化学肥料は使用せず、生産者が手をかけながら自然な状態で栽培しています。栽培の段階で農薬を使用すると、最終的な段階でも残留農薬としてコーヒー豆に残ってしまうそうです。しかしながら、残留農薬があると知っている状態で日本では輸入しません。人体に与える影響をしっかりと考慮された残留農薬の規定値が設定されており、残留農薬が規定値を超えるコーヒー豆は輸入禁止となっています。そのため、一般的なコーヒー豆でも安全性では問題ありませんが、栽培の段階から農薬が使われていないほうがより安心して飲めるということで選ばれているのですね。

環境や生産者に優しい

農地に化学合成農薬や化学肥料を使用すると、土や水、環境、生物などに悪い影響を与えてしまいます。また、化学物質は体に良くない影響を与える可能性が高く、長期間にわたり化学物質を使用する環境に置かれることで、生産者の体に悪影響となる可能性があるのです。化学合成農薬や化学肥料を使用しない栽培方法は、コーヒーとして飲む消費者だけではなく、環境や生産者などにも影響を与えない、優しい方法と言えますね。

オーガニックコーヒーの問題点

オーガニックコーヒーが選ばれる理由がわかりました。これからのコーヒーはオーガニックだと考えた方もいるかもしれませんが、少しだけ注意したい問題点があるようです。オーガニック食品は魅力的であることに変わりはないのですが、コーヒー豆に関しては色々な意見があると言います。コーヒー豆の多くが輸入品であることから、色々な問題点があげられますので、オーガニックコーヒーを考えている方は、問題点をしっかりと踏まえた上で検討するようにしましょう。

オーガニックだから品質が良いとは言えない

オーガニック認定がしっかりしているのであれば、高品質なのではないかと考える方もいるでしょう。日本のオーガニック食品は、高い技術で手間と時間をかけて栽培されているものがほとんどで、品質が良いものが多くあります。しかしながら、オーガニック認定は化学合成農薬や化学肥料が使用されていないかを審査するもので、品質を審査しているものではありません。海外の一部の農園では、化学合成農薬や化学肥料を使わないというだけで、ただ放置をしているだけの農園もあるそうです。放っておかれただけの農園でできた低品質のコーヒー豆が、化学合成農薬や化学肥料を使用していないというだけで認定される場合もあります。もちろん、手間や時間をかけ、しっかりとした技術で栽培しているところもあるのですが、オーガニックだからと言って品質の良さが関係しているわけではないことを覚えておく必要があるようですね。

オーガニックだから美味しいとは限らない

品質と同様、オーガニックであることと美味しさには関係がありません。化学合成農薬や化学肥料が使用されていないので、オーガニックは健康には良いかもしれませんが、美味しいとは限らないのです。美味しいコーヒー豆を作るためには、化学合成農薬や化学肥料を使用しないこと以外に、手間や時間をかけて栽培方法などを工夫して作られます。手もかけずに放置しておけば、やせて特徴のないコーヒー豆になってしまうでしょう。それでも化学合成農薬や化学肥料の審査などをクリアすれば、オーガニックと名乗れる場合があるのです。もちろん一部のオーガニックコーヒーのことであり、美味しいオーガニックコーヒーもたくさんありますよ。

オーガニックだから安全ということはない

オーガニックコーヒーの検査や審査には、輸入品であることから不明瞭になることが問題視されているようです。何度も話題に出しているように、化学合成農薬や化学肥料が使用されていないというだけで放置されている農園では、農場や加工場などが衛生的とは言えず、安全であるとも言いきれないと言われています。施設や機械の管理が行き届いていないばかりか、豆の管理もいい加減な農園があるのも現状だそうです。コーヒー豆のカビ毒の観点からも、オーガニックだから安全ということはないと考えておきましょう。残留農薬を考えると、一般的なコーヒー豆よりは安全である可能性が高いということです。

自分で味や品質を見極めることが大切


コーヒー豆は、原産地や焙煎方法などで酸味や甘味、苦み、コクなどの味わいが違います。味わいの好みも人それぞれなので、実際に自分で試して味や品質を見極めることが、オーガニックコーヒーを選ぶときに大切になるでしょう。オーガニックと表示されていても、農園名や生産者がないようであれば、表示できないような理由があるのかもしれませんね。自分で見極めるなんて難しいと感じた方は、自分で飲んでみて美味しいと感じたオーガニックコーヒーを選んでみてはいかがでしょうか。

豆から楽しむ本格派におすすめのオーガニックコーヒー豆

オーガニックコーヒーを豆からこだわって楽しみたいという、本格派の方におすすめのオーガニックコーヒー豆をいくつかご紹介しましょう。

○有機インスタントコーヒーフリーズドライ

厳選された100%有機栽培のアラビカ種コーヒー生豆のみを使用。オーガニック・マウンテンのコロンビアストレートコーヒーで、程良い酸味とマイルドな味わい、芳醇で上質な香りが特徴です。フリーズドライなので、お湯を適量そそぐだけで楽しめます。有機インスタントコーヒーフリーズドライを実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■ちょっと贅沢できるインスタントコーヒー
■酸味と香りが満足
■万人受けする味
■インスタントと思えないほどの美味しさ
■もうこれしか飲まない
■ずっとリピ
■安心な有機コーヒー
など
<ネガティブ意見>
■香りもしなければ味もしない
■酸味が強くて合わなかった
■冷めると酸味が強い
など

○有機オーガニックインスタントコーヒースティック

コロンビア産の有機コーヒー豆を使用。良質なコーヒー豆のみを厳選しているので、雑味がなくて酸味や苦みが抑えられ、まろやかでありながら深いコクが味わえます。コーヒー豆からしぼられた油分を、有機コーヒーの粉末に吹きかけてコーティング。コーヒー本来の香りとコクが引き立ち、本格的な味がスティックタイプで手軽に楽しめます。有機オーガニックインスタントコーヒースティックを実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■1本あたりの価格が安い
■ブラックで飲んでも後味スッキリ
■苦みが少ないのにコクがちゃんとある
■クセがなくて飲みやすい
■バターコーヒーにするとより美味しい
■手軽に有機コーヒーが飲める
■湿気や酸化を気にしなくて済む
など
<ネガティブ意見>
■水筒に入れたら濡れた犬みたいな臭いがした
■香りが少し弱くて酸味が強い
■可もなく不可もなく
■味わいがもの足りなかった
など

○贅沢ハイプレミアムドリップコーヒー4種セット

本格プレミアムドリップコーヒー4種セットのハイグレードタイプ。モカブレンド・スペシャルブレンド・ダテーラコーヒー・オーガニックコーヒーがセットになっています。オーガニックコーヒーのコーヒー豆は南米ペルーが原産国で、オーガニックでありながら品質にこだわり、美味しさを追求した味わいです。贅沢ハイプレミアムドリップコーヒー4種セットを実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■とても美味しいドリップコーヒー
■美味しくてリピしている
■オーガニックなのに美味しい
■味の苦みのきれがきいている
など
<ネガティブ意見>
■自分には合わなかった
■コーヒーの香りがしなくて薄い
■雑味がなくクリアだが、香りもコクもあまり感じられない
など

○有機栽培カフェインレスコーヒー

メキシコ原産の有機コーヒー豆を使ったカフェインレスコーヒー。マウンテンウォーター製法により、カフェインカット率99.9%を実現しました。オーガニックでありながらカフェインを極限まで削減しているので、妊娠中や授乳中でも安心して飲めるコーヒーです。コーヒーを飲むと眠れないという方や、カフェインが体質的に合わないという方にもおすすめできます。好みに合わせ、粉・豆・インスタントから選べるのもポイント。有機栽培カフェインレスコーヒーを実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■色々なコーヒーを飲んできても大満足な味
■有機コーヒーでカフェイン99.9%カットは驚き
■有機コーヒーでカフェインレスなのに味が落ちていない
■香り高くコクがあり後味スッキリ
■酸味が少なくやわらかい味
など
<ネガティブ意見>
■美味しくない
■コーヒーの香りしない
■他より風味が劣る
など

○国太楼オーガニックドリップコーヒーアロマ20

アンデス産100%使用の、ペルーが原産国の有機コーヒー豆を使用。ほどよい焙煎の甘い香りと、まろやかなコクが特徴のオーガニックコーヒーです。ドリップタイプで、味の濃さを自由に調整できます。国太楼オーガニックドリップコーヒーアロマ20を実際に使用されている方の口コミをまとめました。
<ポジティブ意見>
■とてもマイルドで飲みやすい
■コーヒーが苦手でも飲める
■酸味は控えめで苦みがスッキリしたマイルドな味で美味しい
■品質も味もコスパも満足
など
<ネガティブ意見>
■ヘビーユーザーにはもの足りない
■美味しいかどうか微妙
■まずくはないが香りと味が控えめ
■まずくはないけれどコーヒー好きにはおすすめできない
など

まとめ

いかがでしたか?一般的なコーヒーでも安全ですが、オーガニックコーヒーならより安心して飲むことができますね。オーガニックコーヒーを選ぶポイントを覚えて、自分に合った安心で美味しいオーガニックコーヒーを探してみてはいかがでしょうか。