スピルリナとは?おすすめの効果や注意点は?

健康維持やダイエットに効果が期待できるとして注目されているスピルリナ。スーパーフードとも呼ばれ、海外セレブの間で話題となったことから人気も上昇中の植物です。また、栄養価に富んだ最も完璧な植物とも言われ、様々なシーンでの利用の研究も進んでいます。今回は、スピルリナとはどんな植物で、期待できる効果や食べ方、注意したい副作用などを紹介していきます。

スピルリナについて


スピルリナとは、マイクロアルジェと呼ばれる微細藻類の一種で濃い緑色をしている植物です。紐子目ユレモ属スピルリナ科に属し、最古の植物と言われる原核生物の仲間で、出現したのは約30億年前とされています。
スピルリナは、今でも熱帯地方の湖などに自生していて、陸上の植物と同様に酸素発生型光合成をして繁殖し青緑のような色をしているのが特徴です。名前の由来は、ラテン語のねじれを意味するもので、現地人には古代から貴重な食料として大切に用いられていたとされています。スピルリナは非常に希少価値が高い植物で、他の動植物が生息できないような厳しい環境下でも生き続けてきた生命力が注目されています。

また、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養価が高く、βカロテンの含有量が多いことでも知られ、現在では健康食品として人気が高まっています。健康に良いとされるスピルリナですが、どんな植物なのか紹介します。

微細藻類の一種

スピルリナは、30億年以上前に地球上に誕生した最古の植物と言われている微細藻類の一種です。特徴は青緑色で、藻類の一種でありながら陸上植物と同様に光合成によって繁殖する点が挙げられます。また、水温が30~35℃の無機塩類濃度が非常に高い水をこんので生息している点も特徴のひとつとなっています。
スピルリナは非常に小さい植物で、その大きさは0.3~0.5mm程でドイツ人の藻類学者によって初めて発見されています。現在、食用として用いられている藻類にはわかめや昆布、青のりやアオサなどがあるものの、大形のラセン形をした微細藻類は非常にまれで、希少価値の高さが注目されています。

スピルリナと並んで健康食品として注目されているものにクロレラやユーグレナがありますが、同じ微細藻類ではあるものの含有している栄養成分や消化吸収の面で異なっています。

生息地が珍しい植物

スピルリナのもうひとつの大きな特徴として挙げられるのが生息地です。スピルリナの生息地は、アフリカや中南米の熱帯地方や亜熱帯地方、アラビア半島にある死海と呼ばれている塩度が非常に高い地域に多く生息していて、高アルカリ性の湖でしか繁殖できません。また、一般的に淡水に生息する藻類とは異なり、高温で高アルカリ、高塩分といった過酷な環境下は動物を含め植物が生息できないような環境であることが、長い年月生き延びられた理由と考えられています。

70種類の栄養素が含まれている

スピルリナは、過酷な環境下で長い年月を生き延びてきた強靭で生命力触れる植物であるため、健康や美容に効果的とされる多種多様な栄養素を豊富に含んでいることも大きな特徴です。スピルリナに含有されている栄養素は70種類にも及んでいて、その中でもたんぱく質は一般的に知られている肉類や魚介類、大豆類などよりも含有量がはるかに高くなっています。
その含有量は、50%以上と大変高い数値で、体内で合成できない必須アミノ酸を全て含んでいることから良質のたんぱく源として注目されています。その他には、βカロテンやビタミンB群の含有量の豊富さもスピルリナの魅力です。βカロテンは抗酸化作用が期待される栄養素とそして知られていますが、スピルリナには大変高い数値で含まれています。

また、食物の栄養素は熱によって失われてしまうものが少なくありませんが、スピルリナは耐熱性が高いことで、栄養素が失われにくいのもメリットのひとつとされています。

消化率がとてもいい

健康維持には、摂った栄養素をできるだけ多く速やかに消化吸収させるのがポイントのひとつとされています。そのためには、代謝に必要な成分を摂取することが重要となりますが、その成分がビタミンやミネラルです。ミネラルやビタミンを有効に働かせるための栄養素が、必須アミノ酸と呼ばれているたんぱく質となりますので、多彩な栄養素が含まれているスピルリナは相互作用を駆使して消化吸収のスムーズなサイクルを作り上げてくれる優れものです。

その消化吸収率は何と90%以上ともされていて、野菜などの他の食材は細胞癖が分厚いため吸収率が下がってしまいますが、スピルリナの場合は細胞壁が非常に薄く壊れやすい点が吸収率の高さを引き出しています。スピルリナは、高い栄養価とたんぱく質が豊富で消化吸収が良いというメリットが注目され、将来の食糧源として関心が高まり研究が進んでいます。また、現在では人工的に大量培養されていて、健康食品としてだけでなく未来の宇宙食としての研究も重ねられています。

スピルリナの効果について

スーパーフードと呼ばれるものは様々なものがありますが、たんぱく質を筆頭にビタミン、ミネラル、食物繊維など70種類もの栄養素が含まれていて、消化吸収の良さではスピルリナは見逃せません。また、多くの栄養素が含有されていることに加え、様々な効果を発揮してくれる植物としてメディアでも取り上げられ、人気が一気に高まっています。消化吸収率が高くローカロリーな植物であるため、様々な健康効果が期待されているスピルリナですが、どんな効果があるのか探っていきましょう。

髪が美しくなる


美しい髪は誰でも憧れるもの。髪によってその人のイメージも変わってきますので、できるだけ髪を美しく保つための努力はしていきたいものです。髪を美しく保つための成分として必要なのがたんぱく質やミネラル。スピルリナには、たんぱく質をはじめとして、ビタミンやミネラルもたっぷり含まれていますので、丈夫な髪を作ってくれるだけでなく、抜けにくい髪に導いてくれる効果が期待できます。

髪の形成にマストと言われているミネラル成分に亜鉛がありますが、この亜鉛が発毛にも深く関わっているとされています。また、美しい髪を保つには頭皮だけでなく、身体全体の血行を促進することも大切になりますので、そういった点でスピルリナは、亜鉛や血行を促進する栄養素も含まれていますので、髪に必要な栄養素がくまなく届きやすくなります。
髪に栄養が行き渡っていくとツヤも良くなってきますので、細胞レベルでアンチエイジング効果が期待できます。

中性脂肪の上昇を抑えてくれる

健康を維持していくためには、コレステロールや中性脂肪にも目を向けなければなりません。年齢を重ねる毎にその数値が上昇傾向になりがちですが、毎日の食事や運動を意識することで、上昇を抑えることも可能です。スピルリナはそんな時に試してみる価値がり、たんぱく質であるアミノ酸スコアに優れていることに加え、ビタミンやミネラル、コレステロールや中性脂肪に有効とされているγリノレン酸も豊富に含まれているのも特徴のひとつです。
リノレン酸とは多価不飽和脂肪酸に分類され、この脂質は人間の身体に不可欠な脂質とされている成分で、血圧や血糖値、コレステロール値などを降下させる働きがるとされていています。スピルリナにはガンマーリノレン酸も含まれていますので、継続して摂取することで中性脂肪の上昇を抑える効果が期待できます。
コレステロールや中性脂肪値の上昇は生活習慣病を招きやすくしますので、コレステロールや中性脂肪に悩んでいるなら積極的に取り入れてみるとよいでしょう。

糖質の吸収を緩やかにしてくれる

多くの予備軍がいることで注目されている生活習慣病に糖尿病があります。糖尿病は、日常で血糖値を頻繁に上下させることが発症の一因とされていますが、スピルリナはグルコースと呼ばれるブドウ糖の吸収を遅らせ穏やかにしてくれる効果も期待できます。

スピルリナには、糖の吸収を遅らせる働きのある成分が含まれていて、食事の前に摂取しておくことで空腹感を抑えられるだけでなく糖が脂肪になるのを防いでくれます。また、スピルリナは体内に入ると水分を吸収して膨張する性質があるとされていて、食前に利用すると程よく満腹感が得られ食事の量も減らせますし、脂肪が燃焼しやすい体質へと導いてくれますのでダイエット効果も期待できます。

腸内環境を整えてくれる

美容や健康維持、更にはダイエットまで、腸内環境を整えることは日常生活を健やかに過ごすためには非常に大切なタスクです。糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病は、腸内環境に左右されると言っても過言ではなく、身体面だけでなくメンタルを健やかに保つためにも重要な役割があることが解明されつつあります。腸内環境が乱れると便秘や下痢などの他、腹痛などを引き起こしやすくなります。特に、女性の場合は便秘で悩む方も少なくありませんので、水分の他食物繊維を意識して摂ることが大切です。

スピルリナは食物繊維も豊富で、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランス良く含まれていますので、便秘解消に繋がります。また、腸を動かす作用である蠕動運動を活発化させてくれるビタミンB群やクロロフィルなども豊富に含まれていることも効果があるとされている一因です。体内にある毒素をスムーズに排出させるためには、腸内環境を整えることが必須ですので、スピルリナを利用して体内をしっかりとデトックスしてみましょう。便秘が解消すると気分もスッキリとして、ストレスの解消にも役立ちます。

身体のトラブル予防になる

身体のトラブルは様々なものがあります。スピルリナの特徴でもある葉緑素は血中の毒素を浄化する働きを持っているため、二日酔いの原因となるアルコールやアセトアルデヒド、アレルギーを引き起こす原因とされているヒスタミンなどの物質を無毒化し排出してくれる働きも期待できると言われています。
また、スピルリナにはβカロテンが豊富に含まれているため、目の粘膜や網膜を正常に保つ働きもあるとされ、その他には口臭や体臭改善、疲労回復など様々な身体のトラブルが予防・改善が期待できる点がスーパーフードと呼ばれている由縁なのかもしれません。

肌をきれいにしてくれる


スピルリナには、強力な抗酸化作用があるとされるβカロテンやビタミンEも豊富に含まれていて、老化の原因とされている活性酸素を除去してくれる効果があると言われています。活性酸素は体内の細胞に傷を付けて老化を早める他、高血圧・高脂血症・高血糖からくる生活習慣病を引き起こすことがあるとされる物質で、スピルリナはその活性酸素を除去し生活習慣病の予防や改善に一役買ってくれると言われています。そのため、スピルリナを摂取することで、シミやシワに対して効力を発揮し美肌へと整えてくれる効果が期待できます。

また、スピルナに含まれるビタミンB群やγリノレン酸、亜鉛、クロロフィルといった抗炎症作用のある栄養成分がアレルギー症状を緩和してくれるとも言われていますので、肌荒れをはじめアトピー肌で悩んでいるなら試してみる価値がありそうです。

貧血の予防をしてくれる

多くの女性が悩んでいる身体の不調に貧血があります。貧血の主な原因は、栄養素のひとつである鉄分不足と言われ、鉄分が不足することでヘモグロビンの値も下がり酸素が上手く体内の隅々に運ばれなくなってしまいますので、めまいや息切れ、動悸など身体に様々な症状が現れます。
スピルリナには葉緑素が豊富に含まれていて、葉緑素は血液の原料をなるため貧血への効果が期待できます。また、鉄分は基よりたんぱく質やビタミン類も豊富で、特に貧血と深く関わる赤血球に働きかける成分であるビタミンB12もたっぷりと含まれていることからも、貧血改善に役立つと言えそうです。

身体の免疫力が上がる

スピルリナの大きな特徴であるのが豊富なたんぱく質が含まれている点。たんぱく質は免疫細胞を活性化するために必要な栄養素ですので、身体の免疫力アップに対して大きな効果が期待できるのも頷けます。また、免疫力の向上には腸内環境を整えることはマスト。
スピルリナには腸内環境を整えてくれる食物繊維をはじめとした様々な栄養成分が豊富に含まれているのも見逃せません。更には、免疫力を高めるには酸性に傾いた身体を弱アルカリ性に戻すことも重要なポイントとされ、スピルリナは身体を弱アルカリ性に戻りやすくする力を持ち合わせているとも言われていますので、スピルリナの摂取によって感染予防にも繋がっていきます。

スピルリナを摂る際の注意点

日本のみならず海外でも健康食品として人気が高いスピルリナは、適量を摂取している場合は、基本的に健康上のトラブルや副作用はほとんどないとされています。とはいえ、体調や体質又は摂り過ぎなどによっては、光線過敏症をはじめ様々な副作用を引き起こす恐れがありますので、摂取には注意が必要です。また、病気の治療中で薬を服用している方に加え、妊娠中や授乳中の方は主治医に相談してから摂取することが重要です。スピルリナを摂る際の注意点を紹介します。

激安商品に気をつける

スピルリナは加工した健康食品として販売されている場合がほとんどですが、原料をしっかりと見極めることが重要です。天然由来のものや人工的に繁殖させ加工したものまで様々な商品がありますので、できるだけ添加物が含まれていない天然由来のものが安心と言えるでしょう。激安商品にばかり気をとられると健康被害の懸念もありますので、原料を把握して選ぶことが大切です。

1日当たり6g程度

スーパーフードと呼ばれている他の健康食品もそうですが、過剰摂取したからといって効果が格段に上がるわけではありません。むしろ、過剰摂取することで健康に悪影響を及ぼす場合もありますので、スピルリナを摂取する場合も他の健康食品と同様に適量を守ることが大切です。

摂取量としての目安は1日当たり6g程度とされていて、商品によって摂取量の目安や摂り方などが異なりますので、それぞれの商品に合わせて適量を守りましょう。

自分のライフスタイルに合わせて摂れる

スピルリナは、サプリメントや粉末タイプ、錠剤などが主流になっていますが、自分のライフスタイルに合わせて摂れる点が大きなメリットです。摂取の仕方は、一度に摂らず数回に分けて摂ることがコツで、食前に利用すると脂肪分や糖分の吸収が穏やかになりダイエットにも効果的です。それぞれのタイプにはメリット・デメリットがありますので、利用しやすいタイプを選ぶと続けやすくなるでしょう。

まとめ

スーパーフードとして世界中で人気が高いスピルリナは、古代から食されてきた健康食品です。スピルリナは、多彩な栄養成分が含まれ健康維持やアンチエイジングに対して強い味方となってくれますが、健康を保つためには自分の生活習慣を見直すことも不可欠です。ストレスの多い日常を健やかに過ごすために、生活改善を図りながら食事に上手に取り入れてみませんか。