トマトジュースの美白効果とは?トマトジュースがおすすめのワケとは

トマトの効能 トマトジュースで摂取

トマトの美容効果はトマトジュースでも同等に得られるのでしょうか?トマトは、アンチエイジングや美白効果をもたらしてくれるなど、美肌の味方として多くの人々に愛されています。トマトの赤い色素に含まれるリコピンは、活性酸素を撃退するビタミンEの100倍以上の抗酸化力があると言われていますが、毎日食べ続けるにはストレスにつながりやすく、お金もかかってしまうのが現状です。

そこで、オススメするのがトマトジュースとして手軽に毎日摂取することなのですが、トマトを単品での摂取と、トマトジュースとして摂取するのは、何か違いがあるのでしょうか。どちらのほうが、効率的にトマトの美容効果や健康効果が得られるのでしょうか。

トマトジュースの肌への効能


トマトジュースは手軽に買うこともできて、しかもいつでも飲むことができる物ですが、じつは健康によい効果がぎゅっとつまった飲み物なのです。そして、トマトジュースの成分と言えばやはりリコピンを最初に思い浮かべると思います。

またトマトには、リコピン以外にも様々な栄養が詰まっていて、健康や美容以外にもダイエット効果にも注目されています。そんな様々な効果が期待できるトマトジュースですが、気になる肌への効能はどんなものがあるのでしょう。

メラニンを抑制する

強い紫外線を浴びると、活性酸素が活発に動き出し、メラニンの生成の原因であるチロシナーゼや、メラニンを溜めこむ作用がある過酸化脂質を活性化させていまいます。過酸化脂質は、脂質が活性酸素によって、酸化してしまった状態のことで、これは自然に排出されるものではありません。

そのため、過酸化脂質がたまった状態で、メラニン色素が溜まるとシミやそばかす等の原因になってしまうのです。そんな活性酵素に対して、トマトに多く含まれるリコピンは、過酸化脂質を通常の脂質に戻す働きがあると言われています。

シミ予防に効果的


紫外線と同様に、メラニンも美肌の大敵ですが、私たちの身体にとって有効な働きももっています。しかし、メラニン色素は、シミやしわの原因の一つであることは変わりなく、美白にはいいものではありません。
メラニン色素の生成を防ぐには、日焼け止めや日傘などのグッズを利用して、メラニン生成の原因である紫外線をブロックする方法もあります。そして、食生活からじっくり美白を目指すという方法もあります。

体の内側からの美白効果は、即効性はないかもしれませんが、美白効果を期待できるものを摂取し続けることで、肌の透明感がでたり、シミやそばかすが薄くなったりすると言われています。食生活の方法は、美白効果が期待できるものを摂取し続けることが大切なので、トマトジュースは手に入りやすくてピッタリでしょう。

生トマトよりトマトジュースがおすすめ

生のトマトそのもので摂るより、トマトジュースのほうが良いと言われるには理由があります。もちろん、生のトマトでも有効成分であるリコピンを摂取することはできるのですが、トマトジュースのほうがリコピンの吸収率が高まることがわかっています。
トマトを、加熱や加工することで減ってしまう栄養素もあるのですが、リコピンは熱に強いので大丈夫です。また、トマトジュースで有名な会社のカゴメの発表によると、生のトマトと野菜ジュースなどの加工品のリコピン量を比較すると、加工品の方はリコピン量が多かったそうです。

また、経済的なことや調理時間の面からも、圧倒的にトマトジュースのほうがおすすめでしょう。

リコピン豊富な完熟トマトを使っている

トマトは赤い色が強いほど栄養価が高くなります。トマトの赤はリコピンの赤ですから、赤い色が濃いということは、リコピンがたくさん含まれていることになるのです。トマトの赤い色が強いものは完熟しているトマトで、完熟のトマトのリコピンをたっぷり摂りたいなら、トマトの加工品であるジュースやトマト缶などを利用すると良いでしょう。なぜなら、加工用トマトは、見た目にこだわる必要がないので、太陽の光をたっぷり浴びてしっかり完熟させています。トマトをしっかりと完熟させてから、ジュースやケチャップ、ピューレ等に加工されているので、その分、生のトマトよりもリコピンの量が多くなっているのです。

加熱加工でリコピンの吸収率があがる

夏に飲む日焼け止めとして、トマトジュースを飲んでいたかたも、冬はジュースが冷たくて体が冷えてしまうなと飲むのをやめてしまうかたも、中にはいるのではないでしょうか。美白効果のためには、冬もトマトジュースを飲みたいところですが、もし、温めて飲んだとしたら栄養価はどうなるのでしょう。答えは、トマトのリコピンは加熱に強い栄養素なのでむしろ加熱加工したほうが、体内への吸収が上がるとのことが分かりました。このようなことから、トマトを生で食べるより加工された状態で、しかも加熱すると良いということがわかります。

トマトジュースの効率的な飲み方

トマトジュースは、大切な成分であるリコピンをはじめとし、たくさんの栄養素が含まれており、体の健康や美容にとってさまざまな効果をもたらしてくれます。トマトジュースの栄養素によって、美肌やダイエット効果、そして二日酔いの緩和や疲労回復、老化防止、便秘対策などの効果も期待できるのです。

トマトジュースのこのような驚きの栄養効果を知ってしまうと、もう飲まずにはいられなくなりますね。トマトジュースを効果的な飲み方があるので、紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

油と一緒に摂って効率よく吸収

トマトジュースに含まれるリコピンは、温めることとそして、油に溶けやすい性質のため油と一緒に摂ると体内への吸収率が良くなります。そのため、トマトジュースを飲むときには、同時に乳製品・油脂分を含む食品と一緒に摂取するとよいと言われています。
一緒に摂るオススメのオイルがあり、それはエクストラバージンオリーブオイルです。オリーブオイルにも優れた健康・美容効果があるので、トマトジュースとの組み合わせはピッタリです。
また、エキストラバージンのオリーブオイルを選ぶと、オリーブオイルの効果も高めることができます。

飲むタイミングは朝の空腹時が効果的


リコピンは、空腹時に摂ると吸収がよくなることが分かっています。つまり、美白のためにトマトジュースを飲むなら、朝が効果的ということです。

200mlでリコピンの1日の摂取目安量を摂れる

スーパーやドラッグストアなどで、市販されているトマトジュースは約200mlで、その中に20mgほどリコピンが含まれているものが多いでしょう。リコピンの1日の摂取目安量は15mgと言われているので、購入する際には、リコピンの含有量をしっかり確認しましょう。

ちなみに、生のトマトでリコピンの1日摂取目安量を摂ろうとするなら、トマト大玉2個必要となります。そういった点でも、美容、健康のためトマトジュースを選ぶのは賢いですよね。

最低1ヶ月は続けて飲む

トマトジュースの美白効果が感じられるのはいつ頃からなのか、それはとても気になります。残念ながら肌の内側からの美容は、トマトジュースを今日飲んだからといって、急に美白効果がでるわけではありません。

まずは、肌のターンオーバー周期は約28日と言われているので、最低トマトジュースを1ヶ月飲み続けてみましょう。最低でも1ヶ月間続けて飲むことが大切ですので、ストレスにならないように、自分好みのお気に入りトマトジュースやレシピを探すのも楽しいですね。

まとめ

トマトジュースの美白効果、おすすめのワケを紹介してきました。生のトマトよりもリコピンの身体への吸収という観点でもトマトジュースは優れていました。リコピンは、ビタミンEの100倍という強い抗酸化作用で美肌や美白、ダイエットやアンチエイジングなどに効果を発揮してくれる素晴らしい成分です。

各会社からいろんなトマトジュースが販売されていますし、トマトジュースをつかったレシピは調べればたくさん出てきますので、トマトジュースを毎日摂ることは飽きずに続けられるでしょう。