ピーナッツがもたらす健康になれる効果とは?

ピーナッツと言うとどのようなことを思い浮かべますか?モデルさんがおやつにしているものというイメージのプラスのイメージやニキビや肌荒れの原因などといったマイナスのイメージなど様々なイメージを連想するでしょう。しかし、本当のところはどのように摂取していくことで体にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。ピーナッツを食べることでどのような効果が得られるか詳しく調べていきたいとおもいます。

ピーナッツの健康効果


ピーナッツには実は男女ともにうれしい体にいい栄養が豊富に含まれているのです。しかし、それはいったいどのような効果なのでしょうか。ピーナッツをたべることで得られるうれしい効果はどんなものなのか、詳しく紹介していきたいと思います。

血中のコレステロール値を下げる

ピーナッツの中には不飽和脂肪酸であるリノール酸という成分が多く含まれています。リノール酸は血圧とコレステロールを下げる効果があります。中性脂肪やコレステロールが増えてしまうと高脂血症になるリスクが高くなってしまいます。それらを防ぐためにもこれらの成分は老若男女問わず生活習慣が乱れている人や食生活が乱れていると感じている方は積極的にピーナッツを食べてリノール酸を摂取していきたいところです。ピーナッツを摂取することでそれらの予防に役に立つことはわかりましたが食事は何事もバランスがいいという所が何より大事になっていくと思うので食べ過ぎには注意し健康の自己管理には気を付けましょう。

動脈硬化の予防

ピーナッツに含まれる油には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がバランスよく含まれています。先ほども記述したようにピーナッツに含まれる油はコレステロールを下げる以外にも血管を強くしなやかにするという働きも持っており血管が詰まりやすくなるのを防止できます。これらの飽和脂肪酸や不飽和脂肪酸は動脈硬化の予防には効果的であるといえます。健康診断などでコレステロールに異常があったり、脂質異常症などの診断を受けている人は改善するためにもピーナッツの摂取をおすすめします。

血糖値の上昇を抑制する

ピーナッツは低GI食品です。低GI食品とはその食品に含まれる糖度の吸収度合いを示すものです。現代に増加傾向のあるメタボリックシンドロームや肥満などの予防や改善に効果のある食品として近年では低GI食品は注目されており、また血糖値を上昇するのを抑える働きもあります。約40gのピーナッツを朝食に摂るだけで午前中の血糖値上昇を抑えてくれる働きもあり、更にピーナッツを含まない高炭水化物の昼食を摂ったりしても血糖の維持の効果があるのだそうです。生活習慣予防に効果のある食べ物ということがわかります。生活習慣などが乱れがちな人や予防をしたい人にはうれしい食材です。血糖値が気になる方は積極的に食べるようにするといい効果が得られそうです。

二日酔いの予防

前日にお酒をたくさん飲みすぎてしまった次の日は気分が悪かったり、頭痛に悩まされたりする人は多いのではないでしょうか。ピーナッツにはナイアシン(ビタミンC)という成分が豊富に含まれています。このナイアシンという成分はお酒を飲んだ後の二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを分解し二日酔いを軽減させる効果があります。またピーナッツにはアスパラギン酸という成分も豊富に含まれており体に有害なアンモニアを尿によって排出するという働きもあるのでお酒を飲む際にはピーナッツをおつまみにするのが次の日にお酒を引きずらないためにはいいかもしれません。もちろんお酒の飲みすぎはすべきではありませんし、無理をするのは体を壊す原因になりますので飲みすぎは厳禁ですが、お酒に負けないためにもピーナッツをおつまみにしてみるのはいいかもしれませんね。

美肌効果がある

ピーナッツを食べるとニキビがでたりする原因になるというイメージを持っている人は結構多いと思います。ですが実はピーナッツにはニキビのできる原因菌であるアクネ菌を抑えるニキビ予防効果があるのです。また、メラニンの生成を抑え、肌を白くする効果や肌の弾力やハリを保つ効果もあるのだそうです。ピーナッツの多くの人が持つイメージとは裏腹にお肌を綺麗にする女性にはとてもうれしい効果がたくさんあることがわかります。これらのことを聞くと雑誌などに出ているモデルさんや女優さんなどがおやつ代わりにピーナッツなどを食べているという理由がわかりますね。肌トラブルの改善を目指す人や美肌になりたい人はお菓子の間食はやめてピーナッツを摂取してみるとお肌がいい方向へ変わっていくかもしれません。

老化予防に繋がる

ピーナッツにはレスベラトロールという成分がふくまれています。レスベラトロールは誰の体の中にも存在しサーチュインと言う長寿遺伝子を活性化させる事で老化を遅らせる効果も期待できる成分です。特に女性にはとてもうれしい効果が期待できますね。またピーナッツにはビタミンEには抗酸化作用が含まれています。この抗酸化作用には細胞を丈夫にして老化を防ぐ働きの他にもガン・脳卒中・心筋梗塞の予防効果やピーナッツ自体には結構を改善するはたらきがあると言われており、結構が改善される事で冷え性や肩こりの改善にも繋がっていきます。

ピーナッツの注意点

体にうれしい効果がたくさん得られることがわかりましたが、注意すべき点もあるようです。どのようなことに注意しながらピーナッツを摂るとよいのでしょうか。

一日20~30粒程度にする


ピーナッツというと一度食べだすと止まらなくなったりします。しかし、ピーナッツには適量があり一日20~30粒程度が適量です。いくらダイエット効果が期待できるのに過剰に摂取してしまえば逆に太る原因にもなりかねません。ピーナッツの脂肪が太りにくく、身体にいい脂肪だとしてもそれらは高カロリーには変わりありません。また、ピーナッツだけを食べたりするのではなく、どんなことにも言える事ですがバランスは大切ですので、何でもバランスよく摂取することが大事といえそうです。

渋皮ごと食べるようにする

ピーナッツの渋皮にはポリフェノールの一種であるレスベラトロールが含まれており、この成分には抗がん作用や美肌効果、アンチエイジング効果が期待でると言われており、近年では美容のサプリメントなども発売されているほどです。皮を一緒に食べるだけでこれだけの効果が得られるのであれば渋皮はぜひピーナッツと一緒に食べるべきだといえるでしょう。もし、渋皮はどうしても苦手という方は、ピーナツの渋皮まで利用してペースト状にした、ピーナッツペーストなどでも良いでしょう。ピーナッツペーストであればトーストなどにも塗って食べたり料理に使用したりでき、そのままピーナッツを食べるより簡単に摂取することもできるのでお勧めです。

まとめ

ピーナッツの健康効果や美容効果は予想以上だったのではないでしょうか。ピーナッツはこれだけの良い効果が得られる、いわば、スーパーフードのような存在の食品です。そんなピーナッツですが、アレルギーが出やすい食品でもあるので卵などのアレルギーと同様に、摂取するときのは気を付けるべき食材であると言えそうです。適切な量を守り効果的な摂取方法で健康な体と綺麗なお肌を目指していきたいですね。