牛乳が身体にくれる健康効果とは?おすすめの飲み方を学ぼう!

大人から子供まで好まれることが多い牛乳ですが、当たり前に生活の一部として取り入れていることから、詳しい健康効果など知らない人が多いかもしれません。今回紹介するおすすめの飲み方を参考にしますと、今まで苦手意識が強かった人や体質的に合わないと思い込んでいた人も、スムーズに牛乳生活をスタートできるかもしれません。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

牛乳がくれる体への良い効果


牛乳は様々な健康効果がある栄養満点の食品です。体には一体どのような良い効果があるのでしょうか。

バランスよく栄養がたくさん詰まっている

カルシウムをたくさん摂取できることでも有名な牛乳ですが、学校給食などでも取り入れられていることから、成長期の子供には特に欠かせないものとなります。牛乳はカロリーが高いイメージがあるようですが、実際には満腹感があるドリンクとして、少量の摂取でも十分効果が期待できます。

脳の老化を防ぎ健康を守る効果がある

毎日のように飲む習慣を身につけておきますと、脳の老化を防ぐ効果や健康を守る効果が期待できます。そのため、シニア層や高齢者が牛乳を生活に取り入れることで、カルシウムを摂取して骨を丈夫にしながら、脳の老化を防いて認知症予防や記憶力アップなどに貢献します。

気になるお通じを良くする効果がある

牛乳には便通を良くする効果があるとされていて、便秘気味の人は特に積極的に摂取した方が良いでしょう。腸の働きが上手く行われないことで引き起こされる便秘は、症状が軽い間に悩みを解消した方が長引く可能性が低くなります。

基礎代謝を上げる効果があるので痩せやすい体になる


あまり知られていないことですが、基礎代謝を上げる効果があるとされている牛乳は、痩せにくく太りにくい体に近づけます。過剰なカロリー摂取に繋がる印象があることから、ダイエットをしている人が避ける傾向にある牛乳ですが、理想の体つきを目指すためには必要不可欠な栄養素が凝縮されたドリンクです。

ストレスを軽くしてリラックスさせる効果がある

牛乳にはストレスを軽減して、気持ちをリラックスさせる効果があります。疲れている時やイライラする時には、牛乳を飲んで気持ちを落ち着かせることが大切です。また予防を兼ねて、普段から牛乳を良く飲むようにしておくことで、イライラする回数を減らせるかもしれません。

成長期の子供の発育をサポートします

体も心も大きくなる成長期の子供は、牛乳をどんどん飲んでしっかり成長することが求められます。そのような時に骨を丈夫にして筋肉しっかり鍛えられる牛乳は、カルシウムの補給と共により意識をして取り入れた方が良いドリンクとなります。

牛乳の効果を大きくする飲み方

体に良い豊富な栄養素が含まれている牛乳ですが、より効果を大きくする飲み方のポイントがあります。ただ単純に飲んでいても健康や美容に効果がありますが、少しの工夫によって効果に差が生み出せますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

効果を出すための牛乳の選び方

ひと言で牛乳と言っても沢山の種類が販売されています。自分自身にあった牛乳を探して巡り合うためには、複数の牛乳を飲み比べて違いを知ることです。味や喉越しなどが大きく変わる牛乳は、自分自身が飲みやすいものを選びましょう。

食前と寝る前が飲むベストタイミング

牛乳の選び方も大切ですが、飲むタイミングも重要になります。喉が渇いた時に飲む人もいますが、食前と寝る前に摂取するのがおすすめです。食前に牛乳を飲みますと、早食いを防止できるなどの効果が期待できます。また寝る前の牛乳もおすすめで、寝ている間に活発に働く成長ホルモンと調和して、骨や筋肉にしっかり浸透する可能性が高まります。

飲みにくいと感じるときは工夫をしてみる

牛乳は飲みにくいと感じる人もいる飲み物で、苦手意識を持つ人も少なくありません。しかし少し工夫をすることで、グンと飲みやすくなるのが牛乳の特徴です。例えばきなこやココアを混ぜて飲みやすく味を変えるなどしますと、苦手な人でもスムーズに喉を通ります。またホットミルクにして牛乳を摂取することもおすすめで、体を温めながらカルシウムなどの栄養を取り入れることができます。

飲み過ぎは逆効果になるので注意が必要

豊富な栄養素を含む牛乳ですが、たくさん飲んでより多くの栄養を体に取り入れようと無理をする人がいます。しかし飲み過ぎますと腸の働きが良くなりすぎてしまうなど、下痢や腹痛などにつながることもあります。また必要以上にカロリーを摂取することにも繋がりますので、牛乳は適量を飲んで健康維持に使用しましょう。

牛乳は料理にも使ってより多く摂取できます


そのまま飲んでも十分美味しい牛乳ですが、様々な料理に活用することによって、更にバリエーション豊かな場面で利用可能となります。牛乳を料理に活かすことが難しいと考えている人は、早速真似してみてはいかがでしょうか。

普段の料理に牛乳を取り入れよう

クリームシチューなどに使用してよりクリーミーな味を引き立てることができる牛乳ですが、その他にも隠し味にみそ汁に入れてマイルドにすることもできます。また辛い料理の辛味を抑えたい時に用いる他に、しょうゆベースが多い煮物の隠し味にもおすすめです。火を通しても有効成分が維持されていますので、温かい料理でも安心です。更には、手作りでドレッシングをつくる場合にも、牛乳を使用しますとマイルドなものが完成します。

お菓子作りをすると更に牛乳を摂取できる

お菓子作りに欠かせない牛乳は、自宅で簡単にできるホットケーキをはじめ、ケーキやプリンなどをつくる時に必要です。また和菓子を作る時にも牛乳を使用しますと、子供が好きな味に変化させて和菓子が仕上がります。少しだけ残ってしまった中途半端な牛乳を使い切りたい時には、家にある材料で作れるお菓子を作って楽しむのも良いでしょう。

他の材料と混ぜることで苦手な人も取り入れやすくなる

牛乳だけを飲むのが苦手でも、他の材料と混ぜて使うことができる料理での牛乳活用術は、牛乳らしさが良い意味で感じられません。苦手意識が強い人や独特なにおいが気になる人は、料理をつくる時に隠し味をして牛乳を使って、必要な栄養を摂取するのがおすすめです。

大人も子供も好きな味付けに変化する

少し牛乳を加えるだけでマイルドになることから、大人向けのメニューを子供が食べやすくするようにアレンジする際など、大人から子供まで誰もが好む味付けに変化させられます。牛乳を料理に使うようにしますと、普段飲むだけでは補えない栄養分を補足できるだけでなく、苦手な人も牛乳の栄養を気軽に取り入れられます。

いつでも常備しておくと便利

多くの家庭で冷蔵庫に常備されている牛乳は、様々な場面で利用できることから、必ず常備しておくと安心です。喉の渇きを潤すドリンクになるのは当然ですが、活躍の場が多い牛乳は、冷蔵庫にあるだけでホッとします。子供のおやつと一緒に出してあげたり、夜眠る前に温めて飲んで気分を落ち着かせたりなど、年齢を問わず生活に取り入れるべき食品となります。

まとめ

いかがでしたか。牛乳には豊富な栄養が含まれていて、積極的に飲むだけでなく、料理にも使える万能性に優れた食品であることが良く分かりました。今まで苦手意識が強く、あまり牛乳に接してこなかった人は、是非この機会にその良さを体感してみてはいかがでしょうか。