トマトの美容効果が高い!おすすめの食べ方とは?

美容や健康への効果が高いトマトは、おすすめの食べ方を知ってより良い活用の仕方を習得する方が良いでしょう。今回紹介するトマトのおすすめの食べ方などは、知っているようで知らないことが多く、今後の食生活に利用できる内容ばかりです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

トマトに含まれるリコピンの美容効果


身近な食材であるトマトには、多くのリコピンが含まれていて、たくさんの美容効果が期待できます。トマトを食事に取り入れることで、リコピンの美容効果はどの程度期待できるのでしょうか。

ビタミンEの100倍の抗酸化作用

トマトのリコピンにはビタミンEの100倍の抗酸化作用が含まれています。トマトはサラダを始め、様々な形で気軽に食生活に取入れることができることから、他の果物や野菜以上に積極的に食べるようにするのがおすすめです。

紫外線の刺激から肌を守る効果


リコピンの力によって紫外線の刺激から肌を守る効果が高いトマトは、普段から良く食べる習慣を身につけておきますと、夏場の強い紫外線だけでなく、年間を通して浴びている紫外線から肌を守ります。

肌のハリを保つコラーゲンを増やす作用

トマトに含まれるリコピンには、コラーゲンを増やす作用がありますので、肌のハリを保ちます。乾燥しやすい肌質の人は勿論ですが、そうでない人も積極的にトマトのリコピンの力を活用しますと、高い化粧品を使うよりも効果的に肌質をより良く維持できます。

脂肪燃焼効果でダイエット効果

トマトとダイエットはあまり繋がりがない印象ですが、リコピンに含まれる脂肪燃焼効果によって、思い通りの体形を目指してダイエット可能です。運動などを一生懸命行っても、なかなか脂肪が燃焼できないのが現実ですが、トマトに含まれるリコピンを有効活用して、ダイエットできます。また水分が豊富なトマトですので、体に溜まった余分な水分を尿と一緒に排泄します。

美容に効果的なトマトの食べ方

トマトは様々な食べ方ができますが、美容に効果的な食べ方にはどんな工夫が必要なのでしょうか。

加熱してリコピンの吸収率をあげる

生のまま食べるイメージが強いトマトですが、過熱をして食べることでリコピンの吸収率を上げられます。野菜炒めや煮物、カレーなどに加えることでトマトのうまみを一層引き出すことができますが、鍋料理やおでんなどにトマトを加えて一風変わった食べ方をすることもできます。

乳製品や油と一緒にとると効果的

肌の状態を良くできるトマトは、乳製品や油と一緒に摂取することで、より効果的になります。例えばトマトとチーズをパンに挟んでサンドイッチにすることもできますが、オリーブオイルをトマトに掛けてサラダ感覚で食べますと、お酒のおつまみにもおすすめです。トマトは乳製品や油との相性が良く、美容効果が高くなるので美味しく味わいながら肌の状態をキープできます。

果肉を潰してスープにすると体を温められる


トマトはトマトの原形を崩して食べても十分美味しく、栄養効果を損なうことなく味わえます。トマトスープは朝食におすすめのメニューで、体を温めながら目覚まし効果も高いので、1日頑張ろうとするエネルギー補給時に最適です。またトマトだけでなく、卵を加えてかきたまスープにしますと、彩りが鮮やかなトマトスープが完成します。

手軽にそのまま食べるだけでも十分

美容効果を高める様々な食べ方があるトマトですが、面倒に感じないそのままの状態で食べるだけでも、十分リコピンの力を実感できる美容効果があります。丸かじりもできますし手軽に食べることができます。トマトは塩をサッと振りかけるだけ甘みが増しますので、冷やしたトマトをそのまま食べるのもおすすめです。

美容効果の高いトマトの選び方

美容効果が優れていることが分かったトマトですが、どのようにして選ぶと良いのでしょうか。どのトマトでも同じではなく、形が一つずつ違うのと同じで、トマトごとに含まれている栄養分や美味しさに差があります。一体どのようなトマトを選んで食べますと、美容に最適なものとして活用できるのでしょうか。

生食の場合は濃い色のものを選ぶ

トマトを選ぶ時にそれぞれの違いが分かりやすいのは色で、生食で食べる場合には濃い目の色をしたトマトが良いでしょう。完熟トマトに近い感じで柔らかく、食べやすいものが多くなっています。見た目で判断しやすい色の違いは、良く見てから選びましょう。

トマト缶やトマトジュースなどの加工品でも良い

トマトはスーパーなどの野菜売り場にあるトマトそのものだけでなく、トマト缶やトマトジュースなど、トマトを使った加工品を用いることでも十分美容効果が高められます。新鮮なトマトを使って製造されているトマトの加工品は、トマトそのものを食べるよりもトマトの有効成分を取り入れやすく、手間や調理に時間を掛けずに栄養補給ができます。

寒い季節にはトマト鍋もおすすめ


トマトは加熱することで、更に美容や健康効果が高まりますが、寒い季節に頻繁に食べる機会がある鍋にトマトを入れるのも良いでしょう。トマト鍋は見た目にも鮮やかになり、仕上げで食べる雑炊に卵やチーズを加えることで、タンパク質やカルシウムを補給しながら、トマトに含まれるリコピンの成分をより多く摂取できます。いつもの水炊きなどの鍋に飽きた人は、トマト鍋を試してみるのがおすすめです。

いつでも食べられるように一口大に切っておくと便利

トマトの有効成分を生活に取り入れるためには、より手軽にトマトを食べられる環境を整えておくと良いでしょう。そのためには、トマトをいつでも食べられるように、一口大に切った状態で冷蔵庫に保管しておきますと、サラダや炒め物などに活用できるほか、おかずやおつまみが足りない時にもサッと用意できます。

苦手意識が強い人もいるトマトとの上手な関わり方

トマトは好きな人が多いですが、中には苦手な人もいます。またトマトは食べられるけれど、トマトジュースが苦手な人も沢山いるようです。トマトが苦手な人がスムーズに食べられるようになるコツを紹介します。

濃い目の味付けで食べてみる

ドレッシングなどを濃い目の味にしてトマトに掛けますと、トマトの味や食感が苦手でもそれほど不快を感じずに食べられます。自分が好きなドレッシングなどを選ぶことで、あまりトマトを食べている意識を持たずに苦手意識を克服できるでしょう。

小さく刻んで食べてみる

大きく切ることが多いトマトですが、小さ目に刻んで食べるのがおすすめです。大きいことでトマトの存在を直接感じやすくなりますが、小さいトマトですと無理なく口に含んで飲み込めます。試す価値が高い方法でしょう。

どうして無理な時には諦める

色々試したけれどどうしてもトマトが苦手という人はいます。そのような人は年齢を重ねるようになって、味覚が変わることで自然と食べられる日が来る可能性が十分あります。そのような日が来ることを願って、無理に食べようとすることはしないで、諦めるのも良いでしょう。しかしトマトを食べる機会がある時には、積極的に練習を重ねることで変化があるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。トマトには高い美容効果がありますが、適切な食べ方を知っておくことで、更により良く肌の状態などを維持できます。今まで何気なくトマトを食べていた人は、これからは意識して食べるように、是非試してみてはいかがでしょうか。