水も美容に効果的?水の種類やおすすめの飲み方は?

普段の生活にあるのが当たり前になっている水ですが、使い方次第では美容にも健康にも役立ちます。今回紹介する水の種類やおすすめの飲み方を参考にしますと、今までとは違った角度から水を利用した生活が送れます。是非今後に活用してみてはいかがでしょうか。

水の種類とその効果


水と言ってもどれでも同じではなく様々な種類があります。たくさんある水の種類やその効果を理解しますと、自分が気になっている症状に合わせて水を選択できます。是非購入時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

普段私たちが飲む軟水

いわゆる水道水と呼ばれる水は軟水で、飲み水としてだけでなく料理や入浴時など、生活の多くの場面で利用されています。水道から当たり前のように出てくる軟水ですが、夏場の水不足や冬場の水道管凍結などで水が使えない生活を強いられた経験を持つ人もいることでしょう。いつでも使える軟水にありがさや感謝の気持ちを持って大切に使用することをおすすめします。

海外で飲まれている硬水

日本では軟水ですが、海外では硬水が一般的に飲まれています。体の中の毒素を排泄するデトックスウォーターに使用する水も硬水で、内臓の働きを活発にして、便秘の解消や肌質の改善などが期待できます。軟水に慣れてしまっている日本人には、慣れるまで飲みにくさを感じる人もいますが、最近では海外製のミネラルウォーターなども多数販売されていて、硬水もスタンダードな水となっています。

アンチエイジング効果が期待される水素水

芸能人やモデルなどにも愛用者が多い水素水は、若返りやアンチエイジングの効果が期待できるとされています。確かな効果を実感した人が多いことから、多数商品が販売されている人気の水素水ですが、自分に合ったものを適量使用して、気になる症状に合わせて使うのが良いでしょう。




職場でも!自宅でも!タンブラー型水素水生成器BAMBI

疲れを回復する効果がある炭酸水


硬水同様にデトックスウォーターをつくる際にも使用される炭酸水は、砂糖などの甘みが加わっていないのが特徴で、疲労の回復や満腹感が得られることからダイエット時のサポートアイテムとして重宝されています。蓄積させてしまうと心身共に衰弱してしまう疲れの原因は、早めに取り除いて気持ちを楽にしてリラックスするのが基本です。そのような時に炭酸水を用いますと、通常通りの自分に素早く戻れるようになります。




簡単、新鮮、おいしい炭酸水【ソーダストリーム公式サイト】

体内に吸収されやすいアルカリイオン水

アルカリイオン水は体内に吸収されやすく、美容に最適な水としておすすめです。水を飲む習慣を身につけておきますと、甘いジュースやコーヒーなどを飲み過ぎる危険性がなくなります。市販の飲み物には想像以上の砂糖などの甘味料が使用されていますので、飲み物で過剰なカロリーを摂取してしまうこともあります。アルカリイオン水は、普段の生活に取り入れると良い優れた水です。

正しい水の飲み方

普段の生活で水を飲むという行動はあまり意識して行っていないかもしれませんが、正しい水の飲み方を知っておきますと美容だけでなく健康効果を高めることができます。一体どのようにして飲むのが良いのでしょうか。

美容にいい水を飲む量

水が美容や健康に良いことが分かりましたが、どんな水でも好きに飲んで良いというわけではありません。自分が気になっている症状や治したいことが改善できる水を選んで飲みますと、時間を掛けずに美容や健康に役立てることが可能です。また分量も同じで、沢山飲めばよいというわけではなく、1日に数回に分けて2リットル程度飲むのが理想でしょう。

水を飲む頻度とタイミングに注意

水を飲みますとトイレの回数が多くなることから、中にはあまり飲まないようにして水の摂取を控える人もいます。しかし朝起きてから夜眠るまでの間に小分けにして飲むことで、体に負担を掛けずに水の有効成分を体に浸透させられます。また夜寝る間に飲み過ぎますと、夜中にトイレに起きるようになるなど眠りを妨げることに繋がってしまいます。夜は日中よりも飲む分量を減らすとスムーズです。

冷たすぎるものではなくできれば常温で

特に暑い夏場は冷たい水が美味しいので、氷を入れて大量に飲んでしまうかもしれません。しかし冷たすぎるのは体への負担が大きいので、できれば常温の水を用意しておきますと、体を過剰に冷やしてしまう心配がありません。スーパーやコンビニエンスストアで販売されているミネラルウォーターなども、冷蔵されたものと常温のものが両方販売されています。できれば常温の水を飲む習慣を身につけて、美容と健康に良い水の摂取の仕方を習得しましょう。

一度に飲み過ぎない

喉が渇いている時など、一度に大量の水を飲んでしまうことがあるかもしれません。1日に2リットル程度飲むのが美容に良い分量ですが、まとめて1度に飲みますと水太りの原因になったり、最悪水中毒なども引き起こしてしまいます。こまめに水を飲むことで、いつでも体の中が潤って循環が良くなります。コンスタントに水を飲むようにして、体の中から綺麗になるように心掛けましょう。

水は尿や便を排泄しやすくします

水には優れた力が隠されていて、尿を出しやすくするだけでなく、腸の働きを活発にして便を体外へ押し出します。そのため便秘対策にも利用できる水は、高い便秘薬などを買うよりも素早く効果を実感できる可能性があります。今まであまり水を生活に取り入れていなかった人は、水を使用して気になる症状を改善することをおすすめします。

自宅だけでなく外出先でも水を飲むようにしよう!

自宅で水を飲むだけでなく、学校や仕事、買い物時など外出先でも水を飲むようにしますと、更に効率良く美容に効果的な水の活用ができます。一体どのような工夫をすれば良いのでしょう。

水筒やマイボトルなどに入れて水を常備


いつでも水が飲める環境を維持しておきますと、喉が渇いたからと言ってすぐにコンビニや自動販売機でジュースを買う習慣がなくなります。健康にも良い上に無駄な出費を防げますので、限られたお小遣いで暮らす学生には特におすすめです。保冷機能がある水筒を始め、プラスチックのクリアなボトルや空いたペットボトルなど、自宅で好きな水を入れて持ち歩くようにしますと、いつでも水分補給できます。

外食時に出される水を活用しよう

ラーメン屋やレストランなど、どのような飲食店でも食事前に水が出されることがほとんどです。普段はあまり水を飲まないような人でも、そのような場面では水を飲んで早食いを防止するようにすると良いでしょう。

水を持ち歩くことでうがいをする時にも重宝します

学校や職場でのランチ後に歯磨きをする人もいるでしょう。そのような時に、水を常備しておきますと、自分の水筒などに入った水を使ってうがいができます。出先でうがいをする時には、コップを持ち歩くなど荷物が増えてしまいますが、自分用の水があることでスマートにうがいができます。今まで外出先での歯磨きに悩みを持っていた人は、是非試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?今まで当たり前にある水について、あまり深く考えたことがなかった人でも、これからの生活ではこれまで以上に水を活用してみるのがおすすめです。美容や健康によい行いを何か始めたい人は、水を沢山摂取する暮らしを是非始めてみてはいかがでしょうか。