オイルを使ったスキンケアで美容効果を上げよう!

冬に限らず、乾燥肌に悩む女性は多いと思います。そこで、今注目されている美容オイルを使ったスキンケアについてご紹介したいと思います。多くの皆様からの体験談をまとめると、中にはオイルを使って保湿を試みたところ、さらに乾燥肌が進行してしまったという例もあるのです。では、美容オイルを使ったスキンケアには、どのような注意点があるのでしょうか。

オイルを使った正しいスキンケアのやり方


一般的にスキンケアの順番としては、洗顔、化粧水、美容液、乳液となりますが、ではここで美容オイルを使う場合は、どのような順番で使えばよいのでしょうか。

化粧水は先につける

やはり化粧水で水分を補った後につけるのが効果的です。化粧水の後にオイルを使うと、肌にしみこませたたっぷりの水分をオイルで覆うことにより、水分の蒸発を防ぎ、肌を長時間しっとりさせることができます。元来、肌の表面には皮脂と汗が混ざった油膜が存在し、角質層からの水分蒸発を防ぐ働きがありますが、美容オイルはその手助けをしてくれるものなのです。ただし、ここで注意点があります。オイルを塗ったことで肌のしっとり感が持続するため、乾燥とは無縁のように感じますが、水分の蒸発を防いでくれるとは言っても完全に防げるわけではなく、蒸発の時間が緩やかになるということを理解しなくてはいけません。それともう一つ注意しなくてはいけないことは、オイルを塗った後は水分を補給できないということです。油分は水をはじきますから、乾燥してきたときに水分を補おうとしていくら肌につけたとしても、はじかれてしまうのです。

ニキビがある時のオイルケアはいいの

オイルはニキビの大敵、と思われている方も多いと思います。しかし、ニキビのタイプにもよりますが、オイルを上手に使うことでニキビ肌を改善することができるのです。混合肌やインナードライ、大人ニキビであれば、ぜひオイルを使ってケアすることをお勧めします。その理由はニキビができるメカニズムを解明すれば一目瞭然で、肌が乾燥すると毛穴が開き、その毛穴に皮脂や角質が詰まることでニキビができます。つまり美容オイルは、開いた毛穴の周りをふっくらさせ、毛穴を閉じさせ、詰まりを予防する効果があるのです。古い角質が溜まってかたくなってしまった肌をオイルで整えることで、化粧水が浸透しやすい柔らかい肌に変わり、その結果潤いを取り戻し、ニキビを防いでくれるのです。

美容液やクリームは必要に応じて使う

通常、美容液や乳液は化粧水の後に使いますが、特に乳液は油分が含まれており、美容オイルと同じような効果を持っているので、オイルを使用する場合には省略してもよいでしょう。あまり油分を使いすぎて肌にオイリーさが残るよりは、どちらかを使ってしっとりさせた方が効果的です。

朝ではなく夜の洗顔後に使う

美容オイルを使用する際の注意点に、油分で膜を張るため追加の水分補給がしにくいことをあげましたが、その理由から、オイルを使うスキンケアは朝よりも夜がおすすめです。クレンジングの後に洗顔し、たっぷりの化粧水でお肌を整えた後、1~3滴ほどの美容オイルをゆっくり肌になじませます。オイルを使用しマッサージを行う方もいますが、ここで注意したいことは、あまり強くマッサージをしないことです。肌を守る膜はわずか0.3mmしかないので、せっかく化粧水で丁寧に整えた肌を強くこすってしまうと、肌を傷つけるだけでなく、水分の蒸発に拍車をかけてしまいます。オイルは肌にのせる程度で十分ですが、もしマッサージをする場合には、こすらずに柔らかくマッサージするようにしましょう。

美容オイルを使うメリット

通常、スキンケアに使用する乳液にも油分が含まれています。では、乳液ではなく美容オイルを使うメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

肌が柔らかくなる


美容オイルを使う順番は化粧水の後が効果的ですが、実はスキンケアの一番初め、もしくは化粧水と混ぜて使用しても効果があります。肌に化粧水をしみこみやすくするためのブースターとして使うことで、肌を柔らかくすることができるのです。

バリア機能が高まる

美容オイルのほとんどは植物から抽出した100%天然オイルで、肌にもやさしく、中には皮脂と同じ成分を含んでいるオイルもあります。そのため肌になじみやすく、敏感肌の方でも安心して使用することができます。もともと私たちの皮脂にはワックスエステルという成分が含まれており、さまざまな外部の刺激からお肌を守る、いわばバリア機能が備わっているのですが、美容オイルにはこのバリア機能を助ける効果があり、年齢とともに減少していくワックスエステルを補助する働きがあるのです。

過剰な皮脂の分泌が抑えられる

歳を重ねると肌のバリア機能が低下して、インナードライ肌になってしまう傾向があります。過度な洗顔で必要な皮脂や角質まで落としてしまったり、また、ストレスによって男性ホルモンの分泌が多くなることで、皮脂の分泌が過剰になってしまうことが原因としてあげられます。美容オイルはこのバリア機能を向上させ、皮脂の過剰な分泌を抑えることに効果的なのです。

肌が乾燥するのを遅らせる

オイルを肌につけたからといって完全に水分の蒸発を防ぐことはできません。ですから、2時間で乾燥してしまう肌を4時間潤った状態に保つというイメージなのです。オイルを使用したことで安心しすぎると、かえって乾燥した肌を放置することになりかねないので注意が必要です。

スキンケアにおすすめの良質な美容オイル

スキンケアに最適な美容オイルには、さまざまな種類があります。種類により効能も少しずつ違いがあるので、それぞれのオイルにどのような効能があるのかを見てみましょう。

アルビオン ハーバルオイルゴールド

顔だけでなく髪や全身にも使え、べたつかない使用感が人気の美容オイルです。人気モデルの愛用者も多く、お風呂上がりの肌に直接塗りこむことで、長時間のしっとり感を味わうことができます。毎日のケアには、化粧水の前に2~3滴とり、顔の中心から外側へなじませ、最後に手のひら全体で包みこむようになじませます。小鼻のまわりなどのザラつきの気になる部分や、フェイスラインなどのゴワつきの気になる部分には、さらに1~2滴プラスして指の腹を使って小さならせんを描くようにクルクルとマッサージをしましょう。少し時間をかけたスペシャルケアをするときには、ティースプーン1杯量で約3分間軽くマッサージするようになじませ、さらにマスクをプラスすれば、ツルツルでプルプルのお肌に大変身。効果は肌だけではなく、ほんのり甘い香りが緊張をほぐし、心もリラックスできるでしょう。

キールズ ミッドナイトボタニカルコンセントレート

月見草から抽出したイブニングプリムローズが主成分で、体内で生成できない必須脂肪酸を多く含んでいます。さらにスクラワンというオリーブ由来の成分は、肌から分泌される皮脂に似ているため、肌になじみやすく保湿効果に優れています。使い方は簡単で、付属のスポイト一回分を手に取り、優しく肌になじませます。美容液を使用している場合は、化粧水・美容液の次に使い、顔に延ばすだけではなく、オイルを塗りこみながらツボを押したりマッサージをすれば、より効果的でしょう。リラックス効果のあるラベンダーの香りを楽しみながら、オイルケアをしてみてはいかがですか。

美容オイル商品の紹介

全身に使えるホホバオイルの商品はこちらです。

ホホバオイルとはホホバの実から抽出したオイルで、ホホバはアメリカの南部からメキシコにかけて広がる砂漠地帯の過酷な環境下で育つ植物です。ホホバオイルの主成分は私たち人間の皮脂膜にも含まれているワックスエステルで、外的刺激から肌をまもる働きがあります。皮脂と似た成分を含むホホバオイルは、熱に強く酸化しにくいことが特長で、肌になじみやすい上、角質層のうるおいを抱え込み、保持します。ゴールデンホホバオイルは、ワックス成分だけでなく、血行促進効果があるビタミンEなどの栄養分も豊富に含まれているため、きれいなゴールデンカラーをしたホホバオイルは一級品なのです。ホホバオイルはさまざまな使い方ができますが、ここではクレンジングでの使い方を紹介しましょう。一日中メイクをしたまま、外気に触れた汗や皮脂と共に汚れたまま長時間放置すると、クレンジングや洗顔では汚れを完全に落とすことができなくなってしまいますが、そのようなときにもオイルが活用できます。化粧品は全般的にオイルベースの物が多いため、オイルはオイルを使うことにより分解されるのですが、その中でもホホバオイルは分子構造が小さく浸透力に優れ、汚れやメイクをしっかり落とすだけでなく、顔に付着した雑菌からも肌を守ってくれるのです。次にオリーブオイルはこちらです。

こちらオリーブオイルは三代続く小豆島のオリーブ農家で作られており、今の園主が幼少のころ、しもやけの時期に母親が塗ってくれると、しもやけやひび割れもたちどころに治り、また母の手もいつもふっくらと柔らかい肌だったそうです。このバージンオリーブオイルは肌のなじみが良く、顔だけでなく手足、髪、全身に使えます。天然オリーブ100%・無香料・無着色の美容オリーブオイルは、人の皮脂や母乳に含まれるオレイン酸トリグリセリドをたっぷり含んでいて、肌をふっくらやわらかく整えます。さらに天然のビタミンEには、肌を健やかに保つ力もあります。

超貴重なアルガンオイル

モロッコに生息するアルガンの実から抽出されたオイルで、100kgの実からたった1Lしか取れない貴重なオイルです。このオイルは、オレイン酸と天然ビタミンEによる抗酸化力と活性酸素の除去が強く、皮膚を癒す効果があり、原産地のモロッコでは古くから貴重なものとして食用や外用などに利用されてきました。アルガンオイルは刺激が少ないことも特長の一つで、口や目の周りにも使用することができ、また、べたつき感がほとんどないことからすっきりとしていて、古くから日焼けのケアにも使われてきました。

今話題沸騰中のマルラオイル

現在、美容オイルとして有名なホホバオイル、オリーブオイル、アルガンオイルをしのぐとも言われ、話題沸騰中なのがマルラオイルです。オーガニック100%のマルラオイルは、南アフリカにあるマルラの木の実から採れる希少なエイジングケアオイルで、ビタミンCやビタミンE、リノレン酸、オメガ6やオメガ9の有効成分を豊富に含み、抗酸化力はオリーブオイルのなんと約10倍も含まれています。

まとめ

肌をいつまでも若々しく保つには水分が不可欠であり、その水分を保つためには正しいスキンケアが必要です。間違ったオイルの使い方で乾燥を助長してしまわないように、使う際には自分に合ったオイルを正しく使っていきたいですね。栄養たっぷりのオイルを使ったスキンケアで、潤いのある柔らかい肌を手に入れましょう。