牛乳が美容に効果的なワケ。おすすめのフェイスパックも紹介!

私たちの毎日の生活にかかせないもののひとつに「牛乳」がありますね。ほとんどの人は「牛乳は飲み物」というふうに考えることも多いと思いますが、実はそれだけではないのです。たんぱく質・脂質・炭水化物・ミネラル・ビタミンなどがバランスよく含まれていて美容や病気の予防にも効果を示すと言われている牛乳について、今回はもう少し具体的に見ていきましょう。

牛乳が美容にいい理由


子供の頃は毎日のように牛乳を飲んでいたと言う方も多いのではないでしょうか。よく、「牛乳を飲むと背が伸びる」と聞いていませんでしたか?そのように、きっと体には良いとなんとなく分かっているけど美容にも良いと分かったら、目の色が変わるかもしれません。それには、牛乳に含まれる栄養素のビタミンB2、ビタミンA、トリプトファン、ラクトース、カルシウムなどが大きく関わってきます。

肌に潤いをもたらしてくれる

キレイなお肌への第一歩は、ビタミンB2の摂取です。「発育・美容のビタミン」と言われているビタミンB2ですが、たんぱく質・脂質・糖質の栄養素の代謝に大きく関わってきます。ビタミンB2が不足した肌は正常な代謝が行われにくくなり、結果的に肌荒れやべとつき肌などトラブル持ちになってしまいやすくなります。しかしそのビタミンB2を含む牛乳の摂取によってそれが改善されます。加えて、腸内環境を整えてくれることで肌の調子も良くなっていきます。

髪がツヤツヤになる


髪の毛の主成分といえば、たんぱく質ですね。その名も、「ケラチン」と言います。聞いたことのある方も多いでしょう。このケラチンですが、牛乳には生成を促し美髪への成長をサポートする栄養素が含まれています。それが、美肌作りにも関連しているビタミンB2なのです。ビタミンB2は細胞を活性化させてくれるので、育毛促進の役割も果たしてくれます。また、牛乳に含まれるカルシウムは、気持ちのイライラを防止してくれる効果もあり、抜け毛対策としても有効でしょう。しかし、一方でカルシウムは育毛促進を促す亜鉛の吸収を邪魔する働きも持っているので、注意が必要です。

血流がよくなって肌のトーンアップ

女性の多くは「冷え」に悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。冷え改善の為に様々な工夫を凝らしていることでしょう。さて、牛乳も血行不良を改善してくれる効果があるということをご存知でしょうか。それは、牛乳に含まれる「葉酸」が大事なキーとなります。葉酸は血を作る、細胞分裂を促すなど、生きていくうえで非常に大事な成分です。またビタミンB2が体内の脂肪燃焼を促し代謝アップしますので血行が良くなって冷えを改善、結果的に血行不良による肌のくすみを取り除いてくれます。

おすすめの牛乳の摂り方

さて、様々な栄養素が入っている牛乳ですが、少しにおいや癖がありそのままゴクゴクと飲むことが苦手だと思う人も少なくないかもしれません。そんな人は必見です。ここでは、もっと牛乳を摂取しやすくなり、味も美味しく、栄養素たっぷりの牛乳レシピをご紹介していきたいと思います。

はちみつをプラスしておやつに

まずは定番の「はちみつミルク」です。牛乳を電子レンジで2分間温めた後に自分の好みで適量のはちみつを入れ、混ぜるだけです。ほんのり甘くなり、とても優しい味なのでお子さんにもピッタリかもしれません。気持ちまでほっこりしそうなはちみつミルクは、おやつとしてだけではなく、朝食のお供にも向いているでしょう。

続いて、牛乳とはちみつ以外に薄力粉とサラダ油があれば「はちみつミルククッキー」が簡単に作れます。牛乳10グラム、はちみつ35グラム、薄力粉100グラム、サラダ油30グラムをビニール袋にすべて入れて混ぜ、冷凍庫で15分冷やした後に生地を好きな形にカットし天板に乗せオーブン180度で10~15分ほど焼けば完成です。美味しいおやつの出来上がりです。

ミルクスープにする

この寒い時期、牛乳でミルクスープを作ってみてはいかがでしょうか。材料はお好きな野菜やきのこ、ベーコンなどを炒めた後に温めておいた牛乳を入れ、コンソメと塩コショウで味をつければ完成です。そこにバターやとろけるチーズなどを入れたら、コクが増してより一層美味しく感じられるのではないでしょうか。簡単夕食メニューになるので、残ってしまった牛乳消費などにも役立ちますよ。ぜひお試し下さいね。

美容にいい牛乳フェイスパック

今までは主に牛乳と美容の関係、そして簡単牛乳レシピを紹介してきました。牛乳はたんぱく質・脂質・炭水化物・ミネラル・ビタミンなどがバランスよく含まれていて、健康だけではなくいかに美容にも良いかということを分かって頂けたと思います。

ここからは「飲む牛乳」ではなく、「化粧品としての牛乳」と位置付けて、みなさんが今すぐ実践できるような簡単で効果が出る牛乳美容法をご紹介していきたいと思います。

用意するものは牛乳と小麦粉とレモン汁

お肌の乾燥に悩んでいたら、まずは家で簡単に作れるフェイスパックを試すのも良いでしょう。用意するものは3種類。牛乳と小麦粉を同じ量、それからレモン汁少々です。最初に牛乳と小麦粉を混ぜ合わせ、そこにレモン汁を少々加えて混ぜます。これで出来上がり。直接顔に塗って5分~10分そのまま待ちましょう。その後ぬるま湯で洗い流せば完了です。余分な皮脂や古くなった角質を取り除いてくれる小麦粉のグルテンと、肌を柔らかくしターンオーバーを促してくれる牛乳のリン脂質の成分が、美肌へと近づけてくれるでしょう。

いつものフェイスパックに牛乳もOK


習慣的にフェイスパックを使用しているのであれば、そのフェイスパックに牛乳を追加するだけでも十分です。リン脂質の成分が肌を柔らかくしてくれ、ガゼインや酸素は肌の角質を除去してくれる効果があります。

また、特にフェイスパックをする習慣がないけれどもちもち肌になりたいと思っている方は、コットンやティッシュに牛乳を含ませて多くて30分間パッティングをしてみましょう。その後ぬるま湯で洗い流すだけです。週に1~2回の頻度で試してみましょう。

10分から15分そのまま放置

牛乳を使ったスキンケアは、韓国が発祥の地と言われています。美容に熱心な韓国の方々が愛用していると聞けば、効果を期待しちゃいますよね。牛乳はどの家庭にもだいたいあり、私たちの生活の身近なところにあると言っていいでしょう。せっかくなので、フェイスパックをしたらすぐに流さず、10分~15分はそのままにして、牛乳の香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

様々なアレンジができる

美容にいい牛乳フェイスパックをご紹介してきましたが、ここでは牛乳にほかのものをプラスしたパックを取り上げていきたいと思います。まずは牛乳ゼラチンパックです。洗顔後、耐熱容器に牛乳とゼラチンをスプーン1杯ずつ入れて混ぜ合わせます。それを電子レンジでとろみがつくまで温めたら完成。液体状になったパックを顔に塗り15分経ったらゆっくり剥がします。お肌を傷つけず、毛穴の汚れをごっそり除去してくれますよ。また、自宅にベビーパウダーがあれば、そのパックもおすすめです。牛乳100ccにベビーパウダー大さじ2杯を混ぜてヨーグルトぐらいの硬さになれば完成です。肌に乗せて10分で洗い流します。美白が期待でき、さらさらお肌になっていきますよ。

まとめ

いかがでしたか?毎日の生活にかかせない牛乳ですが、飲む以外にもフェイスパックでの美容法が沢山あることが分かりました。多くの栄養素が含まれる牛乳を毎日摂取して、健康と美肌を手に入れましょう。