酒粕は美容にいいの?手作りパックもおすすめ!

近年、発酵食品が非常に注目されています。それが健康に良いと聞けば試してみたくなる方も多いのではないでしょうか。さて、皆さんは「酒粕」と聞くとどんなイメージがありますか?においがきつそう、実態がよく分からない、でも体に良さそう、など色々ありそうですね。今回は、そもそも酒粕とはどんなものなのか、そして酒粕の美味しい食べ方、美容法についても詳しくご紹介していきたいと思います。

酒粕について


発酵食品の中でも病気に対する効能、また健康面においても優れていると話題なのが酒粕です。日本酒を製造する過程で発酵した固形物であるもろみを搾って取り出した液体が日本酒なのですが、それをろ過した後に残ったものが酒粕です。酒粕にはビタミンB1、B2、B5、B6、また葉酸や食物繊維などたくさんの栄養素が含まれています。また、これらの成分以外にも酒粕には様々な効能を発揮してくれる物質が含まれているのです。具体的に見ていきましょう。

栄養の高い発酵食品

さて、ここでは酒粕の栄養価の高さについてお伝えしていきましょう。まずはたんぱく質。丈夫な骨を作り、代謝促進をすることでウイルスに抵抗力をつけていきます。そして多くのビタミンです。精神状態の向上、細胞の再生を助ける、老化防止、感染症の抵抗力を高めるなど実に多岐に渡った効能があります。また葉酸には食中毒の予防にも効果があり、食物繊維には血糖値や血圧などを正常に保ち、大腸がんの発生を低下、そして便秘解消にも効果があるのです。まさにパワーフードですね。

ダイエット効果が期待できる


酒粕とダイエットは結び付かないと思っている方も多いかもしれません。それもそのはずです。酒粕が含まれている甘酒を想像すると、お酒=ダイエットの敵というイメージが出てきてしまいますよね。しかし、酒粕には脂質を排出する作用がある「レジスタントプロテイン」という成分が豊富に含まれているのです。脂肪排出をして、痩せる効果を期待することができます。また、酒粕に含まれている食物繊維には血糖値の上昇を抑える働きがあり、血液中の脂質をからめとって体外に排出する作用があります。摂取の仕方としては、そのまま食べることが出来る50グラム以上の酒粕を食事と一緒に取り入れていくだけです。そのまま食べるのに抵抗がある場合には、調理してもかまいません。およそ3週間で3キロ程のダイエット効果があると言われています。ぜひ試してみてはいかがでしょう。

美肌効果が期待できる

酒粕には、ダイエット効果と合わせて美肌効果も期待できます。例えば吹き出物などの肌荒れに悩んでいたとしたら酒粕を試してみてください。吹き出物やニキビの大きな原因となる便秘を改善させてくれるのが、酒粕に含まれている食物繊維です。腸にたまっている便の排泄を助けてくれます。また、肌の代謝を高めてくれるビタミンBが含まれているので、ターンオーバーとともに肌のトラブルが改善されやすくなります。そして酒粕には、停滞している血流を改善する働きも期待できます。肌の血行を改善してくれるので顔色も良くなりそうですね。

美白効果が期待できる

美白の敵と言えばシミやそばかすですよね。そのシミやそばかすの原因となるものがメラニン色素だということは有名な話です。しかし、酒粕と美白に何の関係が?と不思議に思うかもしれません。実は酒粕にはメラニン色素の働きを抑えてくれる成分が含まれているのです。それが、シミやそばかすの発生を防いでくれるのです。また、美白成分の「アルブチン」が含まれています。アルブチンはシミ消しの医薬品「ハイドロキノン」の誘導体であり、非常に美白効果が高いと言われています。酒粕パックにすれば更なる美白を期待できますよ。

酒粕の食べ方は?

たとえ美容に良い、栄養価も高いと分かっていても、いざ自分の健康の為に酒粕を摂取しようと思ったとき、どうしても味の癖やにおいが気になる!という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方におすすめの簡単で食べやすい酒粕レシピをここではご紹介していきたいと思います。

水に溶かして甘酒にする


酒粕と言えば最初に思い浮かべるのが甘酒ではないでしょうか。実は自宅でも簡単に作ることが出来るのです。まずは鍋に水を入れ、沸騰したら一旦火を止めて、一口大にちぎった酒粕を入れて約10分放置します。酒粕が柔らかくなったら再び火にかけかき回しながらまた沸騰させます。最後に塩と砂糖を少々加えてひと煮たちしたらでき上がりです。甘さが足りなければ砂糖を足してみてください。また、ほかにポッカレモンを入れてみたり、砂糖の代わりにあずきを入れてみたりすると違った味を楽しむことができますよ。

チーズと一緒に食べる

酒粕はチーズと相性が良いので、まずは簡単に作れるチーズケーキはいかがでしょうか。材料は豆乳150グラム、酒粕50グラム、小麦粉50グラム、砂糖60グラム、クリームチーズ30グラム、卵1個です。作り方は、まず豆乳を弱火で温め、酒粕を入れてなじんだらボウルに一旦入れ、砂糖、小麦粉と混ぜ合わせます。その後、クリームチーズと卵を加えてよく混ぜ、ココット(型)に流し込んでいきます。オーブンで30分程焼いたら完成なのでとても簡単です。ぜひおやつ作りにいかがでしょうか。

味噌汁に入れて飲む

毎日の生活の中に酒粕を取り入れたいと思ったのであれば、酒粕入りの味噌汁を作ってみてはいかがでしょうか。いつも味噌汁を作る要領で好きな具材を入れた後に味噌と酒粕を同じ分量入れます。いつもより味噌の量が少ないので塩気が足りないと感じたのであればお塩を追加して味を見てみましょう。また、そこにごま油を少量入れることで酒粕がきつすぎない味噌汁ができ上がります。

酒粕で美肌になれるパックのメリット


女性の肌の悩みと言えば乾燥肌、と答える方も多いでしょう。これから紹介する酒粕パックは、乾燥肌の救世主になってくれるぐらい優秀なんです。酒粕にはスフィンゴ脂質、アミノ酸、核酸など保湿効果が期待できる成分がなんと100種類以上含まれていると言われているのです。空気の乾燥が酷くなる特に今の時期や季節の変わり目など、肌の乾燥が気になるときにはぜひ酒粕パックで保湿ケアをしてあげましょう。

簡単に用意できる

誰でも簡単に作れる「酒粕パック」の材料は、酒粕100グラム、精製水120~150ml、そしてビニール袋だけです。酒粕を購入する際にはスーパーの豆腐売り場周辺を探してみましょう。価格はだいたい300円~500円程度で購入することが可能です。それから精製水はドラックストアにて100円程度で購入できます。作り方は、この2つの材料をビニール袋に入れて混ぜ合わせるだけです。混ざりにくい時には酒粕を電子レンジで温めてみましょう。また、全体的に硬いと思ったら精製水を増やして調整すると良いでしょう。

低コストで確かな効果を得られる

でき上がった酒粕パックは、手のひらに乗せて顔に伸ばしていきます。その後10分~15分そのままにすると乾いてくるので、ぬるま湯できれいに洗い流してください。パックの後には化粧水や乳液をつけてお肌を整えてください。これで、しっとりもちもち肌へと変化したことを実感できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?酒粕は栄養素が高く美肌成分も多く含まれていることがわかりました。食べるだけではなく、女性の方は酒粕パックなど試して、ぜひ生活の中に多く取り入れてみてはいかがでしょうか。