減量期の筋トレはどうすればいい?カロリー制限やプロテイン摂取など方法を理解しよう!

減量期 筋トレ 方法 カロリー制限 プロテイン 摂取方法

減量と筋力トレーニングを同時に行う場合、体重を減らしながら筋力アップを望むことは可能なのでしょうか。今回紹介する減量期の筋力トレーニングは、知っておいて損がない情報となります。カロリー制限のことやプロテインの活用についても理解できますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

減量はいつ行うのがいいのか?

減量 タイミング
筋力トレーニングと減量を同時に行う場合、どんなタイミングで減量をしますと、ダイエットをしながら筋力アップを図ることができるのでしょう。

減量をするタイミングはいつ?

減量は体重を落すことになりますので、肉体的な負担が大きく、筋力トレーニングとの並行が難しいかもしれません。しかし無理な減量やハードな筋力トレーニングを行わないようにすれば、どのタイミングで減量をしても痩せながら筋力アップをすることができます。

無理な減量では無く健康的に取り組む

極端に食事の量や回数を減らす行為や単品しか食べないようなダイエットなど、不健康に痩せても体重計の数値が減るだけで何も意味がありません。健康的に痩せるためには、しっかり食べて運動をしながら脂肪を燃焼させることが有効で、心身共に健康であることが第一に優先するべき内容です。

食事制限と運動を併せて行うと良い

食事制限のみや運動のみで痩せようとしますと苦しくなりますので、食事と運動のバランスや比率を自分で上手くコントロールして、健康的に減量するのが望ましいでしょう。数字の変化は他のダイエットよりも遅いかもしれませんが、リバウンドせず着実にダイエットできます。

減量期のカロリーはどのくらいが目安?

減量期は運動をしながら多重を落とすという大変な時期です。一体どの程度のカロリー制限をするのが良いのでしょう。またその他の栄養素についてもどのくらい気を配るのが良いのでしょうか。

カロリー制限する目安

普段の生活ではあまり意識しない方も多いカロリー摂取の数値ですが、減量期間中は細かく把握しておいた方がコントロールしやすくなります。仮に制限する場合でも、一食で大きな数字のカロリーを制限してしまうのではなく、3回の食事や間食分も合わせて分割しますと、1回の食事でのカロリー制限が少なくなり、あまり変化を感じずに減量できます。

炭水化物はどのくらい摂取していいの?

糖質をたくさん含む炭水化物は、美味しいものが多く腹持ちが良い大切な栄養源ですが、過剰な摂取は減量期には相応しくありません。特に夜ご飯は糖質カットとまではいわなくても、できる限り炭水化物を控えた食事にしますと、次の日の朝食が美味しく食べられます。

脂肪量はどのくらいにすればいい?

脂肪分も大切な栄養源ですが、炭水化物同様に過剰な摂取は減量期には不要です。特に肉の脂身をカットするだけでもカロリー制限ができますので、面倒でも調理の際にはひと手間加えて脂身をカットして食べないようにするのがおすすめです。

減量期はプロテインだけがいいは本当?

減量期だけでなく筋力トレーニングをする方には欠かせないプロテインですが、食事の代用品として減量期に使用するよりも、小腹が空いた時のおやつ代わりの方が暴飲暴食に走らずおすすめです。減量期にプロテインはどのように活用すると良いのでしょう。

プロテインを飲むタイミングはいつがいい?

プロテインはたんぱく質を始め、必要な栄養素が凝縮されているドリンクです。飲むタイミングは筋力トレーニングの前後や夜寝る前などがおすすめと言われています。最近では飲みやすい商品が増えていることもあり、多くの方がダイエットや筋力トレーニング時だけでなく、美容や健康のためにも活用しています。

プロテインは一日一回?

プロテインは高たんぱくで高品質なドリンクですので、1日1回に制限する必要はありません。しかし水代わりに飲むのはあまり好ましくありませんので、自分で飲むタイミングを決めておいて、1日の間のベストなタイミングに摂取するのが良いでしょう。余分な脂肪を燃焼するのは勿論ですが、余分な水分を体の外に排出する作用も期待できます。

減量期におすすめのプロテインとは?

減量期にはどのようなプロテインが良いのでしょうか。

■ザバス プロテイン ウエイトダウン ヨーグルト味 50食分

便利なシェイカー付きのこの商品は、ヨーグルト風味で飲みやすいのが特徴です。大豆プロテインが配合されていることで、減量期必要な栄養素を補いながらも、ダイエット効果も期待できるプロテインです。

■ウエイトダウンプロテイン フルーツミックス味 900g

ホエイたんぱく質をしっかり摂取できるウイダーのプロテインは、減量期の使用に最低黄な成分がたくさん含まれています。便利なシェイカーが付属されていますので、粉っぽくなりやすいプロテインが、のど越し良く作れて飲みやすいでしょう。

減量に効く!おすすめの筋トレ方法は?


減量をするのは大変ですが、自分に合った筋力トレーニングの方法を探して取り組みますと、効率良く脂肪を燃焼しながら筋力アップが期待できます。一体どのような筋力トレーニングが良いのでしょう。

有酸素運動がおすすめ


有酸素運動は筋力トレーニングとして最適な全身運動が沢山あります。無理に継続させようとしますと、三日坊主で挫折してしまう可能性が高まるので、天候や気分が良くない日には休むようにするなど、楽しみながら続けられるようにすると良い結果に繋がります。

ランニングがおすすめ

ランニングは最近多くの方が取り入れている有酸素運動の一つで、最終的にはマラソン大会に出場出来るように…などと目標を立てて行いますと、減量のためだけでなく走る楽しさを感じられます。初めから早く走ろうと無理をするのではなく、ゆっくりでも確実に目標を達成できるようにするなどしますと、更にやる気が出てくるはずです。

ウォーキングもおすすめ

走るのが苦手な方におすすめのウオーキングは、家族や友人と一緒に始めることもできる有酸素運動です。運動神経に自信がない方やスポーツへの苦手意識が強い方でも安心で、気軽に始められます。

水泳は全身が鍛えられる有酸素運動

減量期 筋トレ 有酸素運動
陸上での運動が苦手でも水泳は得意という方も多いでしょう。全身を一生懸命動かす水泳は、一番効率良く減量できる有酸素運動です。筋肉質になるというイメージや水で体が冷えるような印象がありますが、そのような心配がないとされています。泳ぎに自信がない方は水中を歩くだけでも効果的で、水の中では体が軽くなりますので想像以上に体を動かすことができます。

有酸素運動をより充実させるアイテム

ランニングやウォーキングをする場合にはトレーニングウエアがあると便利です。汗をかいても通気性が良いものや、寒い日にも防寒対策をしながら運動できるものまで、季節に合わせて様々なものが販売されています。また水泳をする場合には、お洒落なスイムウエアを購入することでより一層やる気が出ます。継続して頑張る為には、使用するアイテムを買い揃えることも大切です。今後継続させる為に是非購入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。筋力トレーニングと減量を同時に行うのは大変ですが、不健康なダイエットを短期的に行うよりもゆっくり進む減量でもリバウンドせずに着実に痩せた方が、健康維持のためにも有効です。これからのダイエットを検討している方は、自分に合った筋力トレーニングを取り入れながら、健康的な減量期間を是非実現させてみてはいかがでしょうか。